生殖器用剤(読み)セイショクキヨウザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

生殖器用剤とは


 生殖器用剤(生殖器の病気の治療剤)は、次のように大別されます。


前立腺肥大症治療剤ぜんりつせんひだいしょうちりょうざい


 前立腺肥大症の治療は、排尿困難を解消する目的で、尿道を広げる作用をもつ薬が用いられます。また、ホルモンの分泌を抑えると増殖した前立腺の組織が萎縮するので、プロスタールなどの黄体おうたいホルモン剤が使われるようになって効果をあげています。


子宮内膜症治療剤しきゅうないまくしょうちりょうざい


 子宮内膜組織の増殖を抑える作用がある薬です。子宮内膜症による不妊症性器出血の治療に使います。


子宮収縮剤しきゅうしゅうしゅくざい


 子宮筋肉を収縮させて、陣痛をおこしたり、子宮からの出血を止めたりする薬です。分娩ぶんべん後の弛緩性出血しかんせいしゅっけつを少なくする効果があります。分娩後・流産・人工妊娠中絶(掻爬そうは)のときの出血の予防・止血に使う薬です。


流産りゅうざん早産防止剤そうざんぼうしざい


 子宮運動の抑制作用や子宮の収縮の緩和作用をもつ薬などが応用されます。


腟炎治療剤ちつえんちりょうざい


 細菌、真菌、原虫など、感染の原因となった病原微生物によって薬が使い分けられます。そのほか、細菌感染による細菌性腟炎老人性腟炎小児腟炎の治療には抗生物質や卵胞ホルモン剤のエストリオール製剤を、それぞれ腟剤の形で使います。


不妊症治療剤ふにんしょうちりょうざい


 排卵障害を改善する作用、排卵を誘発する作用をもち、妊娠を促進する薬です。そのほか、男性に原因がある場合には、末梢の血流を改善させる作用のあるカリジノゲナーゼニコモール製剤、代謝性製剤のATP製剤ビタミンB12製剤甲状腺ホルモン剤ビタミンE剤などを応用します。


その他


 性器出血の治療には、原因によって、女性ホルモン剤、抗生物質、子宮収縮剤、止血剤が用いられ、ときに輸血が必要になることもあります。


 月経の際の腰痛などの改善には、非ステロイド抗炎症剤、女性ホルモン剤、漢方製剤が効果があります。


 性感染症では、ウイルス、クラミジア、マイコプラズマ、真菌など、原因となった病原微生物に応じて、適切な化学療法剤〔感染症治療剤〕が用いられます。HIVをコントロールする薬も開発されています。


前立腺肥大症治療剤


勃起不全治療剤


子宮内膜症治療剤


子宮内膜症治療点鼻剤


子宮収縮剤


流産・早産防止剤


腟炎治療剤


不妊症治療剤


乳汁漏出症治療剤

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android