コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生石高原 オイシコウゲン

3件 の用語解説(生石高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おいし‐こうげん〔‐カウゲン〕【生石高原】

和歌山県北部、海草郡紀美野(きみの)町と有田(ありだ)郡有田川町にまたがる高原。郡境の長峰山脈の最高峰生石ヶ峰(標高870メートル)を中心とする隆起準平原。高さ500~800メートルで、一面ススキの草原。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おいしこうげん【生石高原】

和歌山県の北部を東西に走る長峰山脈にある高原。古生層(三波川変成帯)からなる。生石ヶ峰(870m)を中心に,平たん面が広がり,山頂は草原となって,春の新緑,秋のススキの季節は特によい。山頂からの眺望に優れ,行楽地となっている。山腹に国民宿舎があり,近年別荘地開発も行われている。生石高原県立自然公園に指定されている。【水田 義一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生石高原
おいしこうげん

和歌山県北部、紀美野(きみの)、有田川(ありだがわ)の2町にまたがる高原。県立自然公園に指定されている。高野山(こうやさん)から西走する長峰(ながみね)山脈の最高峰生石ヶ峰(870メートル)を中心とする隆起準平原。一面ススキ原で弘法(こうぼう)大師(空海)旧跡という笠石(かさいし)や立岩(たちいわ)とよぶ石英千枚岩の大石があり、生石の名の由来とされる。この岩を神体とする生石明神が山頂と南北の山麓(さんろく)の登山口にある。県動物愛護センター、国民宿舎、キャンプ場がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生石高原の言及

【金屋[町]】より

…農林業を基幹産業とし,ミカンや野菜の栽培が盛んで,特にシシトウの出荷量が多い。生石(おいし)高原地帯ではトマト,キュウリの抑制栽培が行われる。北東部の生石ヶ峰一帯は生石高原県立自然公園に属する。…

※「生石高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生石高原の関連情報