コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中勝介 タナカショウスケ

5件 の用語解説(田中勝介の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たなか‐しょうすけ【田中勝介】

江戸初期の貿易商。京都の人。慶長15年(1610)日本へ漂着した前ルソン総督ドン=ロドリゴメキシコへの出発に同行、翌年帰国。太平洋を横断した最初の日本人。生没年未詳。名は「勝助」とも。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中勝介 たなか-しょうすけ

?-? 江戸時代前期の商人。
京都の人。慶長15年(1610)徳川家康の命で,前年上総(かずさ)(千葉県)に漂着したフィリピン前総督ビベロの送還船に同行,ノビスパン(現メキシコ)にわたる。通商交渉は成立せず,翌年答礼使ビスカイノの船で帰国した。太平洋を横断した最初の日本人。名は勝助とも。

田中勝介 たなか-かつすけ

たなか-しょうすけ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中勝介

生年:生没年不詳
近世初期の京都の商人。初めて太平洋を横断した日本人。慶長14(1609)年に上総岩和田(千葉県御宿町)の海岸で乗船が座礁した前スペイン総督ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・ベラスコが翌年,アカプルコへ帰航する際,後藤庄三郎光次(家康側近・財政家)の仲介で徳川家康から濃毘須般(新イスパニア=メキシコ)へ渡航を許された。同16年5月7日,他の22人の日本人と共にメキシコの副王の答礼使で金銀島探検の使命を帯びたセバスティアン・ビスカイノに伴われて浦賀に帰国。ビスカイノによれば洗礼名をフランシスコ・デ・ベラスコといい,渡海中は善良な態度で尊敬を集めた。帰国後,家康に葡萄酒,羅紗を献上したことが,『駿府記』慶長16年7月22日条にみえる。<参考文献>村上直次郎訳注「ドン・ロドリゴ日本見聞録」「ビスカイノ金銀島探検報告」(異国叢書7巻)

(春名徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中勝介
たなかしょうすけ

生没年不詳。江戸初期の京都の町人。1610年(慶長15)に幕府の船でノビスパニア(メキシコ)に渡った。勝介のことは『駿府記(すんぷき)』とスペイン大使セバスティアン・ビスカイノの『金銀島探検報告』にごく短い記述がみられるのみである。彼は1610年8月、幕府が前年日本で遭難した前フィリピン臨時総督ドン・ロドリゴらをノビスパニアへ日本船で送還する際に同行し、かの地でキリシタンの洗礼を受け、羅紗(らしゃ)、ぶどう酒などを入手して、翌11年スペイン大使ビスカイノの船で帰朝した。大使は、勝介が性質善良で日本人仲間から尊敬されていたと報じている。太平洋を横断した最初の日本人であった。駿府で徳川家康に報告したのちの動静は不明である。[松田毅一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中勝介の関連キーワード南太平洋阿波座横断幕河原乞食環太平洋組町堀江謙一灰屋紹由藤原吉次太平記評判秘伝理尽鈔

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone