コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中勝介 タナカショウスケ

デジタル大辞泉の解説

たなか‐しょうすけ【田中勝介】

江戸初期の貿易商。京都の人。慶長15年(1610)日本へ漂着した前ルソン総督ドン=ロドリゴメキシコへの出発に同行、翌年帰国。太平洋を横断した最初の日本人。生没年未詳。名は「勝助」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中勝介 たなか-しょうすけ

?-? 江戸時代前期の商人。
京都の人。慶長15年(1610)徳川家康の命で,前年上総(かずさ)(千葉県)に漂着したフィリピン前総督ビベロの送還船に同行,ノビスパン(現メキシコ)にわたる。通商交渉は成立せず,翌年答礼使ビスカイノの船で帰国した。太平洋を横断した最初の日本人。名は勝助とも。

田中勝介 たなか-かつすけ

たなか-しょうすけ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田中勝介

生年:生没年不詳
近世初期の京都の商人。初めて太平洋を横断した日本人。慶長14(1609)年に上総岩和田(千葉県御宿町)の海岸で乗船が座礁した前スペイン総督ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・ベラスコが翌年,アカプルコへ帰航する際,後藤庄三郎光次(家康側近・財政家)の仲介で徳川家康から濃毘須般(新イスパニア=メキシコ)へ渡航を許された。同16年5月7日,他の22人の日本人と共にメキシコの副王の答礼使で金銀島探検の使命を帯びたセバスティアン・ビスカイノに伴われて浦賀に帰国。ビスカイノによれば洗礼名をフランシスコ・デ・ベラスコといい,渡海中は善良な態度で尊敬を集めた。帰国後,家康に葡萄酒,羅紗を献上したことが,『駿府記』慶長16年7月22日条にみえる。<参考文献>村上直次郎訳注「ドン・ロドリゴ日本見聞録」「ビスカイノ金銀島探検報告」(異国叢書7巻)

(春名徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中勝介
たなかしょうすけ

生没年不詳。江戸初期の京都の町人。1610年(慶長15)に幕府の船でノビスパニア(メキシコ)に渡った。勝介のことは『駿府記(すんぷき)』とスペイン大使セバスティアン・ビスカイノの『金銀島探検報告』にごく短い記述がみられるのみである。彼は1610年8月、幕府が前年日本で遭難した前フィリピン臨時総督ドン・ロドリゴらをノビスパニアへ日本船で送還する際に同行し、かの地でキリシタンの洗礼を受け、羅紗(らしゃ)、ぶどう酒などを入手して、翌11年スペイン大使ビスカイノの船で帰朝した。大使は、勝介が性質善良で日本人仲間から尊敬されていたと報じている。太平洋を横断した最初の日本人であった。駿府で徳川家康に報告したのちの動静は不明である。[松田毅一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田中勝介の関連キーワード後藤光次松田毅一後藤寿庵田中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android