コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中義麿 たなか よしまろ

3件 の用語解説(田中義麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中義麿 たなか-よしまろ

1884-1972 大正-昭和時代の遺伝学者。
明治17年10月6日生まれ。母校東北帝大農科大学(現北大農学部)の助教授をへて,大正13年九州帝大教授。昭和24年国立遺伝学研究所研究第一部長。カイコの遺伝研究をとおして近代遺伝学の基礎をきずき,日本育種学会,日本遺伝学会の創立にかかわった。昭和47年7月1日死去。87歳。長野県出身。著作に「遺伝学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかよしまろ【田中義麿】

1884‐1972(明治17‐昭和47)
遺伝学者。長野県生れ。東北帝大農科大学(現,北海道大学農学部)を卒業し,同助教授(1911)。日本で初めて遺伝学を講義(1913)し,欧米留学後九州帝大農学部教授(1924),国立遺伝学研究所部長(1949)。この間,主としてカイコの伴性遺伝を研究。人類遺伝にも関心を示し,優生学運動にも関連,国立遺伝学研究所設置に貢献した。日本遺伝学会創立に寄与した一人。主著に《遺伝学》(1934)。子の田中克己人類遺伝学第一人者

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中義麿
たなかよしまろ
(1884―1972)

遺伝学者。長野県の生まれ。東北帝国大学農科大学を卒業して九州帝国大学教授となる(1924)。農学部長を務めて退官(1945)。福岡県立農業専門学校校長(1947~1949)。のち国立遺伝学研究所第一部長を務めた(1949~1956)。カイコの遺伝学的研究で世界的に知られ、なかでもカイコの性染色体式がZW‐ZZであること、またカイコの雌では遺伝子組換えがおこらないことを発見した。日本遺伝学会創立者の一人で、会長も務めた(1939~1940)。日本学士院会員(1957年以降)。堅実、篤学の学風で多くの子弟を育てた。著書は多いが、『遺伝学』『蚕学』『家蚕遺伝学』『基礎遺伝学』などが代表的著作である。[田島弥太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中義麿の関連キーワード苫小牧伊藤生更木南正宣黒田成勝高橋明辰見盛太郎千葉胤成平井金三郎(2)星野あい山本浅吉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone