田中隆吉(読み)たなかりゅうきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中隆吉
たなかりゅうきち

[生]1893.7.9. 島根
[没]1972.6.5. 東京
陸軍軍人。 1914年陸軍士官学校,22年陸軍大学校卒業。関東軍参謀,兵務局兵務課長など歴任後,40年に少将,陸軍省兵務局長。 42年に予備役編入。第2次世界大戦後,極東国際軍事裁判で検事側証人として日本側に不利な証言をして有名になった。特に第1次上海事変 (1932) は陸軍の謀略によることを証言,国内に衝撃を与えた。主著『裁かれる歴史』 (48) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中隆吉 たなか-りゅうきち

1893-1972 大正-昭和時代前期の軍人。
明治26年7月9日生まれ。第1次上海事変,綏遠(すいえん)事件の謀略に参画。昭和15年陸軍少将。戦後,東京裁判では検察側証人となり,張作霖(ちょう-さくりん)爆殺事件,柳条湖事件などの真相について供述した。昭和47年6月5日死去。78歳。島根県出身。陸軍大学校卒。著作に「日本軍暗闘史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田中隆吉の言及

【上海事変】より

…(1)第1次 満州事変に関連して上海でおこった日中間の局地戦争。柳条湖事件直後から上海でははげしい抗日運動が展開されたが,上海公使館付陸軍武官補佐官田中隆吉少佐らは,これを抑圧するとともに,〈満州国〉樹立工作から列国の目をそらすための謀略として,1932年1月18日買収した中国人に日本人托鉢僧を襲撃・殺傷させ,日中間の対立を一挙に激化させた。村井倉松上海総領事は呉鉄城上海市長に対し事件について陳謝,加害者処罰,抗日団体解散などを要求し,第1遣外艦隊の武力を背景として,27日最後通牒を発した。…

※「田中隆吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android