国史大系(読み)こくしたいけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本史研究に関する基本的な文献を集め,校訂して出版した叢書。 60巻 65冊。明治の代表的啓蒙史家田口卯吉編纂。 1929年,田口弟子である黒板勝美が中心となり,さらに貴重な文献を追加し,全面的に新訂増補を施して出版,64年完成した。神代から江戸時代末期に及ぶ正史や,個人の編纂した歴史書,制度法令集,文学伝記集,系譜などの基本的なものを集めている。ただ傾向として,近世研究のためには『徳川実紀』ほか数部があるにすぎないため,古代,中世史研究向きであるといえよう。第2次世界大戦で失われた写本を利用しており,文献研究のうえからも貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古代から近世に至る重要な史籍を集成,校訂して刊行された叢書。1897年−1901年,田口卯吉(たぐちうきち)編で17冊が刊行され,続いて1902年−1904年に《続国史大系》15冊が刊行された。これにより六国史(りっこくし)から《徳川実紀》に至るまで基本史書が網羅された。1913年−1916年には黒板勝美(くろいたかつみ)が再校訂した《六国史》4冊と《類聚(るいじゅう)国史》1冊が刊行された。1929年−1964年,《新訂増補国史大系》60巻・別巻2巻(66冊)を刊行。黒板勝美編になり,黒板死後は丸山二郎らが国史大系編修会を組織,事業を完成させた。日本史研究の基本史料集とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

明治以前の日本史を理解するために必要な史籍の叢書。啓蒙史家のひとり田口鼎軒(卯吉)編。17巻。1897‐1901年刊。次いで《続国史大系》15巻を刊行した(1902‐04)。《古事記》《日本書紀》から《徳川実紀》までを収録。国史の大きな系(たていと)にしたいという意気込みで,新造語〈大系〉を書名につけた。田口は,予約募集当初,通行本を翻刻しただけの簡便な出版を考えていたが,大学を卒業したばかりの黒板勝美の意見を入れ,厳密な校訂を施すことにし,その実務を黒板にあたらせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

六国史以下の史書、法令、物語など基本的で信頼度の高い文献を集成した叢書。旧版と新版があり、前者は田口卯吉編、黒板勝美校訂により、正編一七冊、続編一五冊、所収書目四二部で、明治三〇~三七年(一八九七‐一九〇四)まで刊行。後者は、黒板勝美・丸山二郎などの歴史学者が旧版に校訂を加えて増補したもの。六六冊、所収書目五八部で、昭和四年(一九二九)以後、「新訂増補国史大系」と題して刊行。同三九年完成。日本史研究の基本的史料。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

明治時代,田口卯吉の編纂した叢書
旧版は1897〜1904年の間にまとめられ,四六判,正続合わせて32冊。六国史 (りつこくし) 以下,江戸時代に至るまでの国史研究上の重要文献を集めた。1929年から旧版を校訂した黒板勝美の主宰で増補・新訂版を刊行。第二次世界大戦中,一時中絶したが,戦後 '64年に至って全66冊(索引付)を完成。近世以前の国史を研究する者には必読の史料。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android