田富[町](読み)たとみ

  • 田富

百科事典マイペディアの解説

山梨県中部,中巨摩(なかこま)郡の旧町。甲府盆地笛吹川釜無(かまなし)川の間にある。甲府市近郊の農村であったが近年は都市化が進む。野菜栽培,米作などを行う。精密工業などの企業も進出している。身延(みのぶ)線が通じる。2006年2月,東八代郡豊富村,中巨摩郡玉穂町と合併し市制中央市となる。10.09km2。1万6428人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

山梨県中央部,中巨摩(なかこま)郡の町。1968年町制。人口1万5674(1995)。甲府盆地南部に位置し,南を笛吹川,西を釜無川が流れ,町の南端で合流する。水田のひろがる典型的な農業地帯で,米作,野菜栽培,養鶏が盛んであるが,甲府市の近郊にあるため,近年都市化が進み,人口も増加している。JR身延線が通じ,東花輪駅がある。【萩原

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android