コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沢義鋪 たざわよしはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田沢義鋪
たざわよしはる

[生]1885.7.20. 佐賀
[没]1944.11.24.
教育家。第2次世界大戦前の青年団運動の代表的指導者。日本の「青年団の父」と呼ばれる。 1909年東京大学卒業後,内務官僚などを経て,勅撰貴族院議員となる。理想主義的な道義国家の建設を目指し,選挙粛正運動公民教育の普及と発展に努め,また,青年団を郷土における青年の自治的な共同生活・訓練・修養の場として「一人一研究」を提唱,青年団運動,青年教育に精力を注いだ。大日本連合青年団理事,日本青年館理事などの要職を兼任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田沢義鋪 たざわ-よしはる

1885-1944 明治-昭和時代前期の官僚,青年団運動指導者。
明治18年7月20日生まれ。内務省にはいり静岡県安倍郡長,明治神宮造営局総務課長などを歴任して青年団の育成に尽力。のち大日本連合青年団理事長となる。協調会常務理事などもつとめた。昭和19年11月24日死去。60歳。佐賀県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たざわよしはる【田沢義鋪】

1885‐1944(明治18‐昭和19)
青年団運動の中核的指導者。佐賀県出身。1909年東京帝大法科卒業後内務省に入り,翌年静岡県安倍郡郡長として赴任した。ここで地方自治振興をめざして青年団の指導にあたる一方,蓮沼門三修養団にも共鳴し,以後〈道義国家〉建設のために青年団運動の指導に情熱を燃やした。明治神宮造営局書記官,神社局第一局長を経て,20年労使協調の立場をとる協調会常務理事に転身し,労働者教育に努める。24年自宅に新政社を創立し,雑誌《新政》を創刊。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の田沢義鋪の言及

【修養団】より

…第1次大戦後,キャンプ講習会などにより地域青年運動と結合,勢力を伸ばした。渋沢栄一などの財界名士や青年団運動の田沢義鋪,司法界の大立者平沼騏一郎などの庇護と支持を得,昭和期に入ってからは内務・文部両省の外郭団体となった。さらに官業・民間の工場・鉱山に支部を設け,労資協調を説く教化事業や国民精神総動員運動に力を注ぎ,敗戦時には1700支部,620万の団員を擁したといわれる。…

※「田沢義鋪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田沢義鋪の関連キーワード田沢 義鋪下村湖人教育家官僚

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android