コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選挙粛正運動 せんきょしゅくせいうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選挙粛正運動
せんきょしゅくせいうんどう

広義には役人,政党,立候補者,選挙民などによる,選挙腐敗を粛正する運動全体をいう。近代民主制の思想的中心をなすいわゆる「合意による支配」が選挙によって保障されるとすれば,選挙の腐敗は近代民主制そのものを形骸化させる。したがって,選挙腐敗のあるところ,必ずそれへの反省,改革を目指す多様な粛正運動がある。昭和初期,政党による腐敗選挙を粛正するために行われた運動もその一つ。内務大臣後藤文夫のもとで 1935年5月選挙粛正委員会令が公布された。さらに同6月斎藤実を会長に選挙粛正中央連盟が結成され,内務省主導で進められた。第2次世界大戦後の公明選挙運動,現在総務省に主導されている明正選挙運動の淵源をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんきょしゅくせいうんどう【選挙粛正運動】

政党内閣崩壊後に展開された官僚的統制による公職選挙の粛正運動。1920年代後半,政党内閣の慣行が続き,男子普通選挙制も実現したが,政党政治下の選挙の実態は,選挙干渉や選挙の腐敗など政党政治への不信を増大させるものであった。選挙の公正を実現するため浜口雄幸内閣では衆議院議員選挙革正審議会が設置されたが,政党内閣は有効な対応策を実現しないうちに五・一五事件で崩壊した。斎藤実内閣は選挙の腐敗を粛正浄化し,党弊を打破することを目的に選挙法改正に取り組むとともに,選挙粛正委員設置の方針を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

選挙粛正運動の関連キーワード明るい選挙推進協会岡田啓介内閣丸山 鶴吉田沢義鋪国民協会政党内閣市川房枝革新官僚町内会広義隣組

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android