田畑輪換(読み)たはたりんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「田畑輪換」の解説

田畑輪換
たはたりんかん

「でんばたりんかん」ともいう。地目交替一種で,一般に水田状態で水稲の生産を数年間継続してから,その跡地を畑地状態にし,数年間牧草,野菜,飼料作物工芸作物などの畑作物栽培して再び水田に還元するということを周期的,計画的に繰返す耕地の利用方式をいう。土地の理学的性質に変化が与えられ,雑草や病害虫を除でき,作物の生産性を向上させることができる。

田畑輪換
でんばたりんかん

田畑輪換」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「田畑輪換」の解説

田畑輪換【でんぱたりんかん】

水田を乾かして畑状態にし,ここに数年間畑作物を栽培した後,再び水田にもどすことを繰り返し行う方式。これを行うと雑草および病虫害の発生は少なく,土壌の理化学性も改善されるため増収が期待できる。
→関連項目水田

田畑輪換【たはたりんかん】

田畑(でんぱた)輪換

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「田畑輪換」の解説

でんぱたりんかん【田畑輪換】

一定年数ごとに夏季の水田を水稲作と畑作とに交互に利用すること。すなわち,ある年数の間,主として湛水(たんすい)した水田状態で水稲を栽培した水田において,次のある年数を畑状態として夏作の畑作物を栽培し,次にまた水田に戻すという繰返し方式で,冬作の有無や利用形態は問わない。水田二毛作(夏は水稲,冬は畑作)のような1年以内での利用転換は含まれない。 水田を湛水状態と畑状態とに輪換して作物の生産が順調に行えるように管理することは容易ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android