コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田部重治 タナベジュウジ

デジタル大辞泉の解説

たなべ‐じゅうじ〔‐ヂユウヂ〕【田部重治】

[1884~1972]登山家・英文学者。富山の生まれ。大学時代から登山を始め、多くの紀行文を通じて登山界に大きな影響を与えた。著「山と渓谷」「峠と高原」「山行く心」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田部重治 たなべ-じゅうじ

1884-1972 大正-昭和時代の英文学者,登山家。
明治17年8月4日生まれ。南日(なんにち)恒太郎,田部隆次の弟。東洋大,法大,実践女子大の教授を歴任。イギリスの批評家ペーターの研究家で「文芸復興」を訳した。奥秩父(ちちぶ)をはじめ各地の山にのぼり,「日本アルプスと秩父巡礼」などおおくの紀行文をのこした。昭和47年9月22日死去。88歳。富山県出身。東京帝大卒。旧姓は南日。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たべじゅうじ【田部重治】

1884‐1972(明治17‐昭和47)
登山家。富山市に生まれる。東京帝国大学英文科卒業後,法政大学日本大学などで英文学を講ずる。学生時代に林並木や木暮理太郎を知って登山に関心をもち,秩父や大菩薩の山々などを多くあるき,秩父の山の開拓者となった。激しい登攀(とうはん)による登頂ではなく,峠や渓谷などを含む広い山旅に山の魅力を特徴づけ,日本的な登山の考え方として登山界に影響を与えた。日本山岳会名誉会員。《日本アルプスと秩父巡礼》(1919),《山と渓谷》(1929),《わが山旅五十年》(1964)など多くの著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たなべじゅうじ【田部重治】

1884~1972) 英文学者・登山家。富山県生まれ。東洋大学・法政大学教授を歴任。木暮理太郎らと登山に親しみ、「山と渓谷」「峠と高原」などの紀行文を残した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

田部重治の関連キーワード堀内恒夫シェンク東映(株)日中関係田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚日本赤軍ふしぎなメルモテレビドラマ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田部重治の関連情報