コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥秩父 おくちちぶ

5件 の用語解説(奥秩父の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥秩父
おくちちぶ

秩父山地の南西部,埼玉県秩父市西部の旧大滝村を中心とする地域。秩父より奥の意味でこの名がある。西方に金峰山国師ヶ岳甲武信ヶ岳雲取山など 2000m級の山々がそびえ,真ノ沢,中津峡など深い峡谷が発達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おく‐ちちぶ【奥秩父】

秩父山地のうち、秩父盆地より西の険しい山地。三峰山雲取山などがある。秩父多摩甲斐国立公園の北部を占める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくちちぶ【奥秩父】

埼玉県を貫流する荒川上流部の秩父山地の奥の意味で,奥秩父山地ともいう。標高1000m以上の険しい山稜と深いV字谷の自然美に恵まれ,地質は秩父古生層と中生層の堆積岩よりなり,県境付近から山梨県側にかけては花コウ岩などの火成岩の山もある。秩父多摩国立公園の中心部をなし,北東の限界は,秩父盆地の西部では山中地溝帯,東部では浦山渓谷から有間渓谷へつづく凹地帯である。最高点は山梨県側にあり,金峰(きんぷ)山(2598m)や国師ヶ岳(2592m)など2500m級の高峰が集まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おくちちぶ【奥秩父】

秩父山地のうち、秩父盆地西方の高峻な山地の呼称。 → 秩父山地

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥秩父
おくちちぶ

関東地方西部から中部地方東部にまたがる秩父山地のうち、秩父盆地より西に連なる高峻(こうしゅん)な山域。主として埼玉、山梨、群馬、長野の4県にわたって広がる。標高1700メートルから2600メートルほどの急峻な山地が連なる。地質は秩父中・古生層が広く分布し、また大滝層群や山中地溝帯があり、さらに山梨県側には花崗(かこう)岩類が分布している。おもな山地は、埼玉、山梨および長野、山梨県境に沿って、雲取(くもとり)山(2017メートル)、甲武信(こぶし)ヶ岳(2475メートル)、金峰(きんぷ)山(2599メートル)、瑞牆(みずがき)山(2230メートル)と続く山々で、両神(りょうかみ)山(1723メートル)は埼玉・群馬県境近くにある。
 これらの山々は、大部分が原生林で、その間を荒川、多摩川、笛吹(ふえふき)川、千曲(ちくま)川、神流(かんな)川などの河川の源流が流れる。とくに、荒川の真ノ沢や笛吹川の西沢渓谷は源流の美しさで知られるし、昇仙(しょうせん)峡や中津(なかつ)峡は新緑や紅葉の峡谷美で知られる。山中には、ダムによってつくられた秩父湖、奥多摩湖、神流湖などの人造湖があり、雁坂(かりさか)峠、十文字峠、信州峠などの美しい峠もある。金峰山麓(さんろく)の増富(ますとみ)温泉は、ラジウムの含有量の多いことで有名である。
 秩父山地は、山容の示す風景には乏しいが、眺望がよいので、春から秋、とくに夏に登山する人が多い。登山口としては、埼玉県側の三峰(みつみね)神社、栃本(とちもと)、山梨県側の広瀬、黒平(くろだいら)、増富、長野県梓山(あずさやま)などがある。いずれも素朴な山村で、登山者でごった返すような混乱はない。山小屋も比較的多く、雲取、雁坂、甲武信などの山小屋は、夏季には番人が常住する。高山植物の季節は7月中旬からで、シャクナゲが美しく、紅葉は10月中旬からで、幾多の名所がある。[中山正民]
『原全教編『奥秩父研究』(1959・朋文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥秩父の関連キーワード赤平川入間川埼玉県秩父市荒川小野原埼玉県秩父市荒川上田野埼玉県秩父市荒川久那埼玉県秩父市荒川白久埼玉県秩父市荒川日野名栗〈村〉埼玉県秩父郡東秩父村荒川[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥秩父の関連情報