コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥秩父 おくちちぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥秩父
おくちちぶ

秩父山地の南西部,埼玉県秩父市西部の旧大滝村を中心とする地域。秩父よりの意味でこの名がある。西方に金峰山国師ヶ岳甲武信ヶ岳雲取山など 2000m級の山々がそびえ,真ノ沢,中津峡など深い峡谷が発達する。中津川三峰栃本などの集落が点在するのみで,ほぼ全域が自然のままの状態で保たれている。雄大な展望と素朴な風景に恵まれ,秩父多摩甲斐国立公園の主要地域をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おくちちぶ【奥秩父】

埼玉県を貫流する荒川上流部の秩父山地の奥の意味で,奥秩父山地ともいう。標高1000m以上の険しい山稜と深いV字谷の自然美に恵まれ,地質は秩父古生層と中生層の堆積岩よりなり,県境付近から山梨県側にかけては花コウ岩などの火成岩の山もある。秩父多摩国立公園の中心部をなし,北東の限界は,秩父盆地の西部では山中地溝帯,東部では浦山渓谷から有間渓谷へつづく凹地帯である。最高点は山梨県側にあり,金峰(きんぷ)山(2598m)や国師ヶ岳(2592m)など2500m級の高峰が集まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おくちちぶ【奥秩父】

秩父山地のうち、秩父盆地西方の高峻な山地の呼称。 → 秩父山地

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥秩父
おくちちぶ

関東地方西部から中部地方東部にまたがる秩父山地のうち、秩父盆地より西に連なる高峻(こうしゅん)な山域。主として埼玉、山梨、群馬、長野の4県にわたって広がる。標高1700メートルから2600メートルほどの急峻な山地が連なる。地質は秩父中・古生層が広く分布し、また大滝層群や山中地溝帯があり、さらに山梨県側には花崗(かこう)岩類が分布している。おもな山地は、埼玉、山梨および長野、山梨県境に沿って、雲取(くもとり)山(2017メートル)、甲武信(こぶし)ヶ岳(2475メートル)、金峰(きんぷ)山(2599メートル)、瑞牆(みずがき)山(2230メートル)と続く山々で、両神(りょうかみ)山(1723メートル)は埼玉・群馬県境近くにある。
 これらの山々は、大部分が原生林で、その間を荒川、多摩川、笛吹(ふえふき)川、千曲(ちくま)川、神流(かんな)川などの河川の源流が流れる。とくに、荒川の真ノ沢や笛吹川の西沢渓谷は源流の美しさで知られるし、昇仙(しょうせん)峡や中津(なかつ)峡は新緑や紅葉の峡谷美で知られる。山中には、ダムによってつくられた秩父湖、奥多摩湖、神流湖などの人造湖があり、雁坂(かりさか)峠、十文字峠、信州峠などの美しい峠もある。金峰山麓(さんろく)の増富(ますとみ)温泉は、ラジウムの含有量の多いことで有名である。
 秩父山地は、山容の示す風景には乏しいが、眺望がよいので、春から秋、とくに夏に登山する人が多い。登山口としては、埼玉県側の三峰(みつみね)神社、栃本(とちもと)、山梨県側の広瀬、黒平(くろだいら)、増富、長野県梓山(あずさやま)などがある。いずれも素朴な山村で、登山者でごった返すような混乱はない。山小屋も比較的多く、雲取、雁坂、甲武信などの山小屋は、夏季には番人が常住する。高山植物の季節は7月中旬からで、シャクナゲが美しく、紅葉は10月中旬からで、幾多の名所がある。[中山正民]
『原全教編『奥秩父研究』(1959・朋文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奥秩父の関連キーワード荒川(川、埼玉県、東京都)将門の滝 オートキャンプ場埼玉県秩父市荒川小野原埼玉県秩父郡小鹿野町フリークライミング甲武信岳・甲武信嶽木暮 理太郎清水 武甲三富[村]早川二郎梶 龍雄栃本関跡秩父鉄道清水武甲田部重治大菩薩峠増富温泉旧大滝村大菩薩嶺東京都

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥秩父の関連情報