木暮理太郎(読み)コグレリタロウ

デジタル大辞泉の解説

こぐれ‐りたろう〔‐リタラウ〕【木暮理太郎】

[1873~1944]登山家。群馬の生まれ。東京市史の編纂に携わるかたわら、登山の普及に貢献した。著「山の憶い出」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木暮理太郎【こぐれりたろう】

登山家。群馬県生れ,東大中退。少年時代から登山を好み,1913年日本山岳会入会機関誌山岳》の編集のかたわら,田部重治〔1884-1972〕とともに案内人なしで槍ヶ岳薬師岳劔岳(つるぎだけ),立山に登った。1916年には朝日岳,雪倉岳,白馬岳(しろうまだけ),針ノ木峠を縦走するなど中部地方を多く登山し,かたわらヒマラヤを研究。数多くの山岳紀行や山岳研究を発表し,日本の山岳界に大きな影響を及ぼした。1935年第3代日本山岳会会長。主著に《山の憶ひ出》2巻(1938年,1939年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木暮理太郎 こぐれ-りたろう

1873-1944 明治-昭和時代前期の登山家。
明治6年12月7日生まれ。志賀重昂(しげたか)の「日本風景論」に啓発され,明治29年ごろから日本アルプス,秩父,上越などで開拓者的登山をおこなう。「山岳」に紀行文やヒマラヤ研究を発表。昭和10年日本山岳会3代会長。昭和19年5月7日死去。72歳。群馬県出身。東京帝大中退。著作に「山の憶(おも)ひ出」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こぐれりたろう【木暮理太郎】

1873‐1944(明治6‐昭和19)
登山家。群馬県生れ。6歳で赤城山に登ったのをはじめ,多くの日本の山々に登った。東京帝国大学中退。東京市史編纂(へんさん)にあたる。1913年日本山岳会に入会,機関誌《山岳》の編集に携わり,山岳紀行,研究を発表。〈東京から見える山々〉という独自の研究もある。その静かな登山態度は,後に盛んになるヨーロッパ型の近代登山に対し,日本的な登山のタイプであった。他方,ヒマラヤ研究も早くから行い,国内のみならず世界の登山への啓蒙も怠らなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こぐれりたろう【木暮理太郎】

1873~1944) 登山家。群馬県生まれ。東京市史の編纂に携わる一方、未踏の山々を精力的に登り多くの紀行文を発表。著「山の憶い出」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木暮理太郎
こぐれりたろう
(1873―1944)

登山家。群馬県生まれ。東京帝国大学中退後、東京市史編纂(へんさん)に従事。幼時に赤城(あかぎ)山に登ったのをはじめとして、秩父(ちちぶ)や南アルプスなどを中心に各地の山岳に登った。1913年(大正2)日本山岳会入会。機関誌『山岳』を通じて多くの研究や紀行文を発表し、登山界に大きな影響を与えた。35年(昭和10)日本山岳会会長、秩父の金峰山麓(きんぷさんろく)金山平に記念碑がある。主著『山の憶(おも)い出』2巻がある。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android