コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由起しげ子 ゆきしげこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由起しげ子
ゆきしげこ

[生]1902.12.2. 大阪,堺
[没]1969.12.30. 東京
小説家。本名伊原志げ。神戸女学院音楽科を中退し,1925年画家の伊原宇三郎と結婚。絵を修業する夫とともに渡仏し,滞在先のパリで作曲を学びながらピアノを習い,1929年に帰国した。第2次世界大戦後,夫と別居して作家生活に入った。生活のため義兄の蔵書を売る未亡人の優雅な苦闘を描いた『本の話』(1949)で芥川賞を受け,続く『警視総監の笑ひ』(1949)のシニカルな筆致により流行作家となった。ほかに『女中ッ子』(1954),『沢夫人の貞節』(1961)など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐しげこ【由起しげ子】

[1900~1969]小説家。大阪の生まれ。本名、伊原志げ。旧姓、新飼。「本の話」で小谷剛とともに戦後初の芥川賞受賞。他に「警視総監の笑ひ」「女中ッ子」「沢夫人の貞節」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由起しげ子 ゆき-しげこ

1900-1969 昭和時代後期の小説家。
明治33年12月2日生まれ。夫の画家伊原宇三郎とともにフランスにわたりピアノをまなぶ。昭和20年4児をひきとって別居。24年「本の話」で戦後復活した第21回芥川賞を受賞。昭和44年12月30日死去。69歳。大阪出身。神戸女学院中退。旧姓は新飼。本名は伊原志げ。作品に「警視総監の笑ひ」「女中ッ子」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由起しげ子
ゆきしげこ
(1902―1969)

小説家。大阪府生まれ。神戸女学院時代、山田耕筰(こうさく)に師事して作曲を学ぶ。画家伊原宇三郎と結婚、のち四児を抱えて別居。死んだ義兄の蔵書を売る話を書いた『本の話』(1949)により、第二次世界大戦後復活した最初の芥川(あくたがわ)賞を受賞。この作品は戦後の荒廃した社会のなかで、清新な印象を与えた。続いて『警視総監の笑ひ』(1949)などの自己の身辺に取材した短編を発表。中間小説に『女中ッ子』(1954)、『沢夫人の貞節』(1961。小説新潮賞)などの作がある。[中島礼子]
『『日本現代文学全集91 由起しげ子他集』(1966・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

由起しげ子の関連キーワードはつさんハーイ!今日のいのち

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android