コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男はつらいよ おとこはつらいよ

5件 の用語解説(男はつらいよの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男はつらいよ
おとこはつらいよ

日本映画。松竹 1969年作品。監督山田洋次。脚本山田洋次,森崎東。主演渥美清,倍賞千恵子。葛飾柴又を舞台に香具師 (やし) の車寅次郎や妹,叔父夫妻らが繰広げる人情喜劇。寅次郎は周囲をはらはらさせた末に妹の縁談をまとめ,みずからは失恋して旅立っていく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おとこはつらいよ〔をとこはつらいよ〕【男はつらいよ】

山田洋次原作・監督、渥美清主演の映画の題名。また、そのシリーズ名フーテンの寅(とら)こと車寅次郎と、その家族や周囲の人々との交流を描く人情喜劇。昭和44年(1969)から平成7年(1995)まで48作が制作された。→寅さん

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

男はつらいよ

1969年公開の日本映画。『男はつらいよシリーズの第1作。渥美清が演じる「フーテンの寅さん」こと車寅次郎と周囲の人々の交流を描く人情喜劇。監督・原作・脚色:山田洋次、脚色:森崎東(森崎の「崎」は正確には「たつさき」)。出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、森川信、三崎千恵子、笠智衆、光本幸子ほか。第24回毎日映画コンクール監督賞、男優主演賞(渥美清)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おとこはつらいよ【男はつらいよ】

てきや稼業の流れ者車寅次郎が主人公の下町人情喜劇映画《寅さん》シリーズとも呼ぶ。1969年の第1作以来,監督は山田洋次,主演は渥美清。シリーズとして世界最長記録である。発端は,山田が渥美に懇望され,書き下ろした同名のテレビドラマ(1968年10月‐69年3月放映)の好評にある。寅が死ぬ結末にファンから抗議が殺到したため,山田は松竹をくどいて,69年8月封切の《男はつらいよ》で寅をスクリーンによみがえらせ,山田と渥美は一躍,松竹のドル箱コンビとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男はつらいよ
おとこはつらいよ

日本映画。1969年(昭和44)8月に第1作が公開されて以来、盆と正月の年2作の平均ペースで26年間にわたってつくられた庶民喜劇。そもそもは映画監督山田洋次の原作で連続テレビドラマとして放送されたものだが、放送終了後、テレビで主演した渥美(あつみ)清と山田洋次監督のコンビで劇場用に松竹で映画化され、たちまち人気シリーズとなった。渥美の演ずるフーテンの寅(とら)こと車(くるま)寅次郎が的屋(てきや)稼業に飽きると、ふらりと生まれ故郷の東京は葛飾柴又(かつしかしばまた)に舞い戻り、叔父夫婦や倍賞(ばいしょう)千恵子(1941― )演ずる妹さくらに、心配をかける。心配の種となるのは、寅さんの美女に対する一目惚(ひとめぼ)れというのが毎回おなじみのパターンで、マドンナ役とよばれる相手女優が一作ごとに変わるのが新味となる。意気がよく人のいい寅さんの人間的魅力を中心に、人情の温かさをじっくり描いて根強い人気を保ち続けた。なお、シリーズ中、山田以外の監督作品が2本あった。渥美の死去により、1995年(平成7)12月の第48作『寅次郎紅の花』がシリーズ最終作となった。[品田雄吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の男はつらいよの言及

【喜劇映画】より

…例えば木下恵介は,《お嬢さん乾杯》《破れ太鼓》(ともに1949)などの風俗喜劇や,《カルメン純情す》(1952)などの風刺喜劇に才腕をふるったが,作家論的にはむしろ《二十四の瞳》(1954)などの〈抒情映画の名匠〉として評価されることになる。このことは,結局,戦後の喜劇映画で最後に残ったのが,山田洋次の,ハナ肇主演のいわゆる《馬鹿》シリーズから,渥美清主演の《男はつらいよ》シリーズに至る一連の〈無知で気のいい男の悲喜劇〉という人情路線であることからも立証されよう。【森 卓也】。…

※「男はつらいよ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

男はつらいよの関連キーワード稼業五番目物流れ者寅さん悪夢の使者男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様二匹の流れ者レイリーの流れ「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」車寅次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

男はつらいよの関連情報