コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番匠川 バンジョウガワ

3件 の用語解説(番匠川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばんじょう‐がわ〔バンジヤウがは〕【番匠川】

《「ばんしょうかわ」とも》大分県南部を流れる川。佩楯(はいたて)山(標高754メートル)南麓の三国峠(標高664メートル)付近に源を発し、九州山地東部を東流して佐伯(さいき)湾に注ぐ。長さ38キロ。中流域に国の天然記念物指定「小半(おながら)鍾乳洞」がある。下流域に小三角州を形成し、その沖積地に佐伯市街が発達。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕番匠川(ばんじょうがわ)


大分県南東部を流れる川。同県南部の三国(みくに)峠東方に源を発し、東流して佐伯(さいき)市で佐伯湾に注ぐ。1級河川(番匠川水系)。延長38km。流域面積464km2。中流域は石灰岩地帯で、国指定天然記念物の小半鍾乳洞(おながらしょうにゅうどう)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

番匠川
ばんじょうがわ

大分県南部、三国(みくに)峠(664メートル)付近に源を発し、九州山地の東部を穿入蛇行(せんにゅうだこう)して東へ流れ、佐伯(さいき)湾に注ぐ一級河川。延長38キロメートル。流域面積464平方キロメートル。上流の秩父中・古生層山地の崩壊は大規模で、流域は多雨、氾濫(はんらん)率2年に1回であった。1937年(昭和12)改修に着工、上流に砂防ダム築造、下流では流路の拡幅付け替えなどが行われて、近年は安定した。42平方キロメートルの水田を灌漑(かんがい)し、河口に佐伯市街が発達している。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番匠川の関連キーワード磐井川大分県番匠消渇きよかわ大分県のヒラメ養殖市川君障半鐘八右衛門山川玉樵モルガン商会

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

番匠川の関連情報