コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番匠川 バンジョウガワ

デジタル大辞泉の解説

ばんじょう‐がわ〔バンジヤウがは〕【番匠川】

《「ばんしょうかわ」とも》大分県南部を流れる川。佩楯(はいたて)山(標高754メートル)南麓三国峠(標高664メートル)付近に源を発し、九州山地東部を東流して佐伯(さいき)湾に注ぐ。長さ38キロ。中流域に国の天然記念物指定「小半(おながら)鍾乳洞」がある。下流域に小三角州を形成し、その沖積地に佐伯市街が発達。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕番匠川(ばんじょうがわ)


大分県南東部を流れる川。同県南部の三国(みくに)峠東方に源を発し、東流して佐伯(さいき)市で佐伯湾に注ぐ。1級河川(番匠川水系)。延長38km。流域面積464km2。中流域は石灰岩地帯で、国指定天然記念物の小半鍾乳洞(おながらしょうにゅうどう)がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

番匠川
ばんじょうがわ

大分県南部、三国(みくに)峠(664メートル)付近に源を発し、九州山地の東部を穿入蛇行(せんにゅうだこう)して東へ流れ、佐伯(さいき)湾に注ぐ一級河川。延長38キロメートル。流域面積464平方キロメートル。上流の秩父中・古生層山地の崩壊は大規模で、流域は多雨、氾濫(はんらん)率2年に1回であった。1937年(昭和12)改修に着工、上流に砂防ダム築造、下流では流路の拡幅付け替えなどが行われて、近年は安定した。42平方キロメートルの水田を灌漑(かんがい)し、河口に佐伯市街が発達している。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

番匠川の関連キーワード佐伯(市)(さいき)大分県佐伯市弥生[町]豊後鶴御崎ぶんご太郎小半鍾乳洞弥生〈町〉佐伯[市]本匠〈村〉本匠[村]直川〈村〉佐伯湾佐伯城弥生八島本匠直川

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番匠川の関連情報