コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇目 うめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇目
うめ

大分県南東部,佐伯市南西部の旧町域。九州山地の北東部にあり,宮崎県に接する。 1955年小野市村と重岡村が合体して宇目村となり,1961年町制。 2005年佐伯市,蒲江町,上浦町,鶴見町,弥生町,本匠村,直川村,米水津村と合体し,佐伯市となる。中心集落は千束と小野市。大部分が林野で,林業が主産業。木炭製造の衰退後は特にシイタケ栽培が発達,県の主要産地となっている。 1962年南部に県営の北川ダムが完成。ダムの西方に研磨材のエメリーを産する木浦鉱山がある。南西部には甌穴群で知られる藤河内渓谷など景勝地が多く,祖母傾国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

宇目

大分県佐伯市にある道の駅。国道326号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇目
うめ

大分県南端、南海部(みなみあまべ)郡にあった旧町名(宇目町(まち))。現在は佐伯(さいき)市の南西部にあたる地域。小野市(おのいち)、重岡(しげおか)両村は旧竹田(たけた)藩領で、大野郡に属したが、1950年(昭和25)南海部郡に編入、1955年合併して宇目村となり、1961年町制施行。2005年(平成17)佐伯市に合併。旧町名は中世の宇目郷による。『延喜式(えんぎしき)』小野駅の地と考えられ、JR日豊(にっぽう)本線、国道10号、326号が通じる。九州山地の一部で、杉、シイタケが主産物。北川ダムを中心とする北川総合開発事業が県営で1962年に完成。花崗(かこう)岩の藤河内(ふじがわち)渓谷は祖母傾(そぼかたむき)国定公園に含まれる景勝地である。木浦(きうら)鉱山は鉛、錫(すず)、マンガンを産出したが、1957年閉山、現在エメリー(研磨材に使用する鉱石)を産する。「宇目の唄(うた)げんか」は子守歌で有名。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇目の関連情報