コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広がる/拡がる ヒロガル

デジタル大辞泉の解説

ひろが・る【広がる/拡がる】

[動ラ五(四)]
空間・面積・幅が大きくなる。「改築して家が―・る」「川幅が―・る」
範囲・規模が大きくなる。「視野が―・る」「販路が―・る」「汚染が―・る」
畳んだり閉じたりしてある物などが開く。また、先の方に向かって幅が大きくなる。「傘が―・る」「裾が―・ったスカート」「花火が―・る」
大きく展開する。「眼前に大海原が―・る」
[可能]ひろがれる
[用法]ひろがる・ひろまる――「大地震のうわさが広がる(広まる)」では、相通じて用いられる。◇「広がる」は自然現象として、また人の営みの結果として、面積や範囲が大きくなる意。「眼下に広がる大平原」「火事が広がる」「事業が広がる」◇「広まる」は自然にという意は少なく、人が大きくのばそうと努めた結果、行きわたるの意が強い。「OA機器の利用が広まる」「教育が全国民に広まる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろがる【広がる】

( 動五[四] )
幅や面積が広くなる。開いて大きくなる。 「道幅が-・る」 「デモ隊が道路いっぱいに-・って歩く」 「先の方が漏斗状に-・っている」
広い範囲・面積に行き渡る。広まる。普及する。 「黒雲が空一面に-・る」 「被害はもっと-・る模様だ」
規模などが大きくなる。 「行動範囲が-・る」
目の前に広く展開する。 「眼下に平野が-・る」 〔「広げる」に対する自動詞。「広ごる」に代わって、中世から用いられた〕
[可能] ひろがれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

広がる/拡がるの関連キーワード拡散の法則(神経応答)インスライデイング美女高原キャンプ場スコットランド高地マトグロッソ高原ハイファッションニスタンの法則チューリンゲンアウトブレーク打ち網・打網ヒンドスタン噂が噂を呼ぶカラハリ砂漠喇叭ズボンリビア砂漠Aline鳥取砂丘四方八方囁き千里さんちか

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android