コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広がる/拡がる ヒロガル

2件 の用語解説(広がる/拡がるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひろが・る【広がる/拡がる】

[動ラ五(四)]
空間・面積・幅が大きくなる。「改築して家が―・る」「川幅が―・る」
範囲・規模が大きくなる。「視野が―・る」「販路が―・る」「汚染が―・る」
畳んだり閉じたりしてある物などが開く。また、先の方に向かって幅が大きくなる。「傘が―・る」「裾が―・ったスカート」「花火が―・る」
大きく展開する。「眼前に大海原が―・る」
[可能]ひろがれる
[用法]ひろがる・ひろまる――「大地震のうわさが広がる(広まる)」では、相通じて用いられる。◇「広がる」は自然現象として、また人の営みの結果として、面積や範囲が大きくなる意。「眼下に広がる大平原」「火事が広がる」「事業が広がる」◇「広まる」は自然にという意は少なく、人が大きくのばそうと努めた結果、行きわたるの意が強い。「OA機器の利用が広まる」「教育が全国民に広まる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひろがる【広がる】

( 動五[四] )
幅や面積が広くなる。開いて大きくなる。 「道幅が-・る」 「デモ隊が道路いっぱいに-・って歩く」 「先の方が漏斗状に-・っている」
広い範囲・面積に行き渡る。広まる。普及する。 「黒雲が空一面に-・る」 「被害はもっと-・る模様だ」
規模などが大きくなる。 「行動範囲が-・る」
目の前に広く展開する。 「眼下に平野が-・る」 〔「広げる」に対する自動詞。「広ごる」に代わって、中世から用いられた〕
[可能] ひろがれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広がる/拡がるの関連キーワード嵩張る縊る狭まる掘る娶る打切る押入る聞入る突入る捩じくる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone