広がる(読み)ヒロガル

デジタル大辞泉「広がる」の解説

ひろが・る【広がる/拡がる】

[動ラ五(四)]
空間・面積・幅が大きくなる。「改築して家が―・る」「川幅が―・る」
範囲・規模が大きくなる。「視野が―・る」「販路が―・る」「汚染が―・る」
畳んだり閉じたりしてある物などが開く。また、先の方に向かって幅が大きくなる。「が―・る」「が―・ったスカート」「花火が―・る」
大きく展開する。「眼前に大海原が―・る」
[可能]ひろがれる
[用法]ひろがる・ひろまる――「大地震のうわさが広がる(広まる)」では、通じて用いられる。◇「広がる」は自然現象として、また人の営みの結果として、面積や範囲が大きくなる。「眼下に広がる大平原」「火事が広がる」「事業が広がる」◇「広まる」は自然にという意は少なく、人が大きくのばそうと努めた結果、行きわたるの意が強い。「OA機器の利用が広まる」「教育が全国民に広まる」
[類語](1拡大する拡張する伸張する膨張するのびるのばす引きのばす広げる/(2広まる行き渡る流布るふする伝播でんぱする浸透する波及する弥漫びまんする蔓延まんえんする伸展する発展するはびこるのさばる流行猖獗しょうけつ跋扈ばっこ跳梁ちょうりょう横行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android