コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生遺伝学 はっせいいでんがくdevelopmental genetics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生遺伝学
はっせいいでんがく
developmental genetics

遺伝学の一分科で,生物の発生過程と遺伝子との関係,換言すると発生過程が遺伝的情報によってどのように規定されるかを明らかにする学問

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発生遺伝学
はっせいいでんがく
developmental genetics

生物の個体発生の過程において、各細胞の中に組み込まれた遺伝子が、いつ、どの細胞で、どのようにして発現するかということを研究する遺伝学の一分野。受精卵の分裂によって生じた多くの細胞は、同じ遺伝子の組合せをもちながら、種々の異なった形や働きをもつ細胞や組織・器官に分化するが、その仕組みを明らかにすることが、主要な研究目標である。このような研究には、発生に異常を示す種々の突然変異を利用して、その現す形質を正常系統と比較することがよく行われる。
 ショウジョウバエには、多くの突然変異が存在し、遺伝子相互の連鎖関係がよく研究され、唾腺(だせん)染色体による細胞学的知見なども多く、遺伝学的にはもっともよく研究されてきた材料である。1980年代になって、このショウジョウバエに多数の発生に関与する遺伝子が発見され、これまで遺伝学的に蓄積されてきた知見を使用して、初期発生における体の前後軸や背腹軸の決定、生殖細胞の分化、性決定機構、体節極性など体のパターン形成機構、器官や組織の分化など発生遺伝学的な研究が飛躍的に進められた。多くの新しい遺伝子が次々と発見され、これらの遺伝子のクローニング(特定の遺伝子DNAをウイルスなどのDNAに組み込み、それを大腸菌などの細胞に取り込ませて大量にクローンをつくりだすこと)によるDNA塩基配列の決定、これら遺伝子の発生過程での発現時期と発現場所、異なった遺伝子の相互関係、器官形成、組織分化への作用など、分子・細胞レベルでの研究が進められている。[黒田行昭]
『芦田譲治他編『遺伝と変異』(1958・共立出版) ▽クレメント・ローレンス・マーカート他著、吉川秀男監訳、石井一宏訳『現代遺伝学シリーズ 発生遺伝学』(1975・共立出版) ▽腰原英利著『発生と遺伝子』(1977・東京大学出版会) ▽土居洋文著『生物のかたちづくり――発生からバイオコンピュータまで』(1988・サイエンス社) ▽Frank Costantini他編、山内一也・森庸厚監訳『哺乳類初期胚の遺伝子操作――発生工学研究の現状と展望』(1988・近代出版) ▽堀田凱樹・岡田益吉編『ショウジョウバエの発生遺伝学』(1989・丸善) ▽ジェラルド・M・エーデルマン著、神沼二真訳『トポバイオロジー――分子発生学序説』(1992・岩波書店) ▽岡田益吉編『21世紀への遺伝学4 発生遺伝学』(1996・裳華房) ▽新川詔夫編『ひとの生命の始まり――ヒト初期発生の分子生物学』(1996・メジカルビュー社、グロビュー社発売) ▽Brigid Hogan他著、山内一也他訳『マウス胚の操作マニュアル』第2版(1997・近代出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

発生遺伝学の関連キーワードルイス(Edward B. Lewis)コンラッド・ハル ウォディントンニュスライン=フォルハルトニュスライン・フォルハルトウォディントンウィシャウス表現型模写ルイス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android