コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登録型派遣 トウロクガタハケン

2件 の用語解説(登録型派遣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうろくがた‐はけん【登録型派遣】

労働者派遣の形態の一。派遣労働を希望する労働者が、あらかじめ派遣会社に登録しておき、派遣先が決まった時点で、一定の期間を定めて雇用される。派遣期間が終わると雇用関係も終了する。→常用型派遣
[補説]平成27年(2015)の労働者派遣法改正以前は、常用型派遣のみを行う「特定労働者派遣事業」に対して、「一般労働者派遣」と呼ばれた。派遣労働の大半がこの形態で、平成20年(2008)の金融危機では、自動車・家電などの大手製造企業が、業績悪化に伴う人員削減を理由に、相次いで派遣会社との派遣契約を打ち切ったため、職や住まいを失う派遣労働者が急増し、社会問題となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登録型派遣
とうろくがたはけん

労働者派遣(人材派遣)の形態の一つ。労働者は派遣元(派遣会社)への登録を行っておき、労働契約は派遣先への就労が決まったときに初めて結ばれる。派遣期間が労働契約期間になるため、派遣終了とともに派遣元との労働契約も終わり、登録状態に戻る。短期間、あるいは短時間の派遣が多いため、継続雇用を前提とする社会保険年次有給休暇などの権利については不利である。収入が不安定になりやすく、複数の派遣会社に登録し、就労時間を増やそうと試みる者が多いが、仕事の有無は景気の動向に左右されやすい。2008年(平成20)のリーマン・ショック後には、とくに自動車や電気製品の工場で働いていた派遣労働者が大規模な「派遣切り」に直面した。
 派遣形態にはほかに常用型派遣がある。派遣会社と労働者が期間を定めない労働契約を結ぶもので、システムエンジニア、デザイナー、設計者などの有資格者を派遣する会社で人材確保のため行われることが多い形態である。派遣期間終了後も派遣会社との契約が継続するため、社会保険や年次有給休暇なども一般労働者と同様に保障される。しかし派遣先が決まらないまま一定の期間を過ぎれば、自主退社を促されることが多く、常用とはいえ安定的な雇用形態というわけではない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登録型派遣の関連キーワード労働者派遣事業法派遣労働派遣労働者常用型派遣直接雇用派遣事業多重派遣改正労働者派遣法製造業派遣の2009年問題派遣労働者の処遇問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登録型派遣の関連情報