コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白バイ シロバイ

3件 の用語解説(白バイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しろ‐バイ【白バイ】

警察の交通違反取り締まりなどに使用する白塗りのオートバイ。昭和11年(1936)、赤バイが白色に塗りかえられて以来の呼び名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しろバイ【白バイ】

警察で使用する白塗りのオートバイ。多く交通取り締まりに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白バイ
しろばい

交通取締りのために用いられる自動二輪車。オートバイの車体が白く塗られていることからこうよばれている。都道府県警察の交通機動隊などに所属し、赤灯、サイレン、特殊速度計、拡声器など交通取締り用の各種機器を備え、速度違反など道路交通法上の違反行為の取締りに威力を発揮している。1918年(大正7)警視庁で採用した赤色のオートバイ(赤バイ)が前身で、36年(昭和11)に現在のような白バイとなった。その当時は33台にすぎなかったが、2001年度(平成13)の全国の保有台数は約2000台。なお、白バイとともに交通取締りにあたっているパトロール・カーパトカー)は約4000台ある(台数の統計は国費購入分のみ)。[折田康徳・佐藤英善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白バイの関連キーワード一斉取り締まり・一斉取り締り浦方番所営業警察一斉取締り出版警察取締り鼠取り違法駐車取り締まりの主な変更点駐車違反取り締まりの強化民間委託後の取り締まり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白バイの関連情報