コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白起 はくきBai Qi; Pai-Ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白起
はくき
Bai Qi; Pai-Ch`i

[生]?
[没]昭王50(前257)
中国,戦国時代に仕えた武将。漢中 (陝西省南部) のびの出身。昭王の将として昭王 14 (前 293) 年を伊闕で破り,同 28年にはを破って,楚えん郢 (えんえい) を占領,同 30年にその功績により武安君に封じられ,引続き列国を攻めて七十余城を占領し,秦のため大功を立てた。特に同 47年長平 (山西省) の戦いで括 (ちょうかつ) を将とする趙軍を破り,その降伏者四十余万人を穴埋めにしたことで有名。やがて疑われて兵卒に落され,死を命じられて自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はく‐き【白起】

[?~前257]中国、戦国時代のの武将。郿(び)(陝西(せんせい)省)の人。昭襄王のとき、武功により武安君に封じられたが、のち、宰相范雎(はんしょ)と不和となり、王の信を失って自殺させられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくき【白起 Bái Qǐ】

?‐前257
中国,戦国時代の秦の名将。郿(び)(陝西省郿県)の人。用兵にすぐれ,秦の昭王に仕えた。前294年に韓の新城を攻めて以来,魏の都を攻略し,趙の光狼城を陥落させ,また2度にわたって楚を破り都の郢(えい)を下すなど,連戦に華ばなしい戦功をたて,封ぜられて武安君と称された。この後も,秦の命運を決定づけた長平の戦(前260)で趙に大勝をおさめたが,彼の昇進をおそれた宰相の范雎(はんしよ)と不和になり,弾劾をうけて辺地に流される途中,自殺した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はくき【白起】

?~前257) 中国、戦国時代、秦の将軍・兵法家。秦の昭王に仕え、戦功により武安君に封ぜられたが、宰相范雎はんしよと対立し自決させられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白起の関連キーワード廉頗