コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百日裁判 ヒャクニチサイバン

デジタル大辞泉の解説

ひゃくにち‐さいばん【百日裁判】

事件を受理した日から100日以内に判決を行うことが求められている裁判公職選挙法に規定されている、選挙の当選人連座制対象者による一定の選挙犯罪に関する訴訟など。
[補説]他に、選挙の効力に関する訴訟(公職選挙法)や、人事官の弾劾に関する裁判(国家公務員法)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくにちさいばん【百日裁判】

事件の受理から100日以内に判決を行うよう努めなければならないとされている裁判。公職選挙法は、選挙の効力に関する裁判、当選無効の効果の生ずる選挙違反の裁判について、百日裁判を要求している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の百日裁判の言及

【迅速な裁判】より

…その根本的解決はなお今後の課題として残されているのである。なお直接裁判の迅速を求める立法として,公職選挙法違反の刑事事件についていわゆる〈百日裁判〉の目標を掲げる規定がある(公職選挙法253条の2)。【酒巻 匡】。…

【選挙犯罪】より

…さらに,選挙犯罪による処刑によって一定期間公民権が停止されることがある(252条)。選挙犯罪の訴追に関しては,当選無効の制度を実効あらしめるために,事件受理から100日以内の判決に努めるべしとする百日裁判の規定(253条の2)がある。 刑事犯的な選挙犯罪は選挙の自由・公正を直接的に侵害するものであり,その処罰にとくに問題はない。…

※「百日裁判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百日裁判の関連キーワード選挙違反補説効力