皇別(読み)こうべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇別
こうべつ

古代,天皇家から分れて臣籍に下った氏族。遠い皇親には (おみ) ,近い皇親には (君) のが与えられ,八色の姓 (やくさのかばね) (684) で,公は真人 (まひと) ,臣は朝臣 (あそみ) となり,最高の地位にあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうべつ【皇別】

「新撰姓氏録」による氏族の分類の一。天皇・皇子から分かれて臣下になったとされる氏族。源氏・平氏・橘氏・紀氏など。 → 神別諸蕃

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇別
こうべつ

諸蕃(しょばん)とともに「三体」とよばれる氏族出自の類別の一つ。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』において用いられているが、同書以前からこの類別は行われていた。皇別は、神武(じんむ)天皇に始まる諸天皇の後裔(こうえい)と称する氏族をさし、皇別氏族の姓(かばね)には公(きみ)(君)、臣(おみ)などがあり、公(君)姓では、崇神(すじん)天皇の子孫と称する上毛野君(かみつけぬのきみ)、臣姓では、孝元(こうげん)天皇の後裔といわれる阿倍臣(あべのおみ)が著名。684年(天武天皇13)、主として継体(けいたい)天皇以降の公姓氏族は真人(まひと)、その他の皇別氏族は朝臣(あそん)の姓となる。[佐伯有清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐べつ クヮウ‥【皇別】

〘名〙 「新撰姓氏録」に見られる氏族の三分類(神別・皇別・諸蕃)の一つ。皇族から出て臣籍に下ったとされる氏族。橘氏、源氏、平氏の類。
※新撰姓氏録(815)序「天神地祇之胄、謂之神別、天皇皇子派、謂之皇別

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android