コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇別 こうべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇別
こうべつ

古代,天皇家から分れて臣籍に下った氏族。遠い皇親には (おみ) ,近い皇親には (君) のが与えられ,八色の姓 (やくさのかばね) (684) で,公は真人 (まひと) ,臣は朝臣 (あそみ) となり,最高の地位にあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうべつ【皇別】

「新撰姓氏録」による氏族の分類の一。天皇・皇子から分かれて臣下になったとされる氏族。源氏・平氏・橘氏・紀氏など。 → 神別諸蕃

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇別
こうべつ

諸蕃(しょばん)とともに「三体」とよばれる氏族出自の類別の一つ。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』において用いられているが、同書以前からこの類別は行われていた。皇別は、神武(じんむ)天皇に始まる諸天皇の後裔(こうえい)と称する氏族をさし、皇別氏族の姓(かばね)には公(きみ)(君)、臣(おみ)などがあり、公(君)姓では、崇神(すじん)天皇の子孫と称する上毛野君(かみつけぬのきみ)、臣姓では、孝元(こうげん)天皇の後裔といわれる阿倍臣(あべのおみ)が著名。684年(天武天皇13)、主として継体(けいたい)天皇以降の公姓氏族は真人(まひと)、その他の皇別氏族は朝臣(あそん)の姓となる。[佐伯有清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皇別の関連キーワード新撰姓氏録上毛野氏来目皇子大原今城多治比氏佐伯有清尊卑分脈高円広世皇統譜壬生氏平群氏渡来人和気氏しょば巨勢氏後裔橘氏蕃別神別紀氏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android