コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇別 こうべつ

4件 の用語解説(皇別の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇別
こうべつ

古代,天皇家から分れて臣籍に下った氏族。遠い皇親には臣 (おみ) ,近い皇親には公 (君) の姓が与えられ,八色の姓 (やくさのかばね) (684) で,公は真人 (まひと) ,臣は朝臣 (あそみ) となり,最高の地位にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐べつ〔クワウ‐〕【皇別】

新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)」にみられる氏族の分類の一。皇族を祖先とする氏族。橘(たちばな)氏・氏・氏などの類。→諸蕃(しょばん)神別(しんべつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうべつ【皇別】

「新撰姓氏録」による氏族の分類の一。天皇・皇子から分かれて臣下になったとされる氏族。源氏・平氏・橘氏・紀氏など。 → 神別諸蕃

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇別
こうべつ

神別、諸蕃(しょばん)とともに「三体」とよばれる氏族出自の類別の一つ。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』において用いられているが、同書以前からこの類別は行われていた。皇別は、神武(じんむ)天皇に始まる諸天皇の後裔(こうえい)と称する氏族をさし、皇別氏族の姓(かばね)には公(きみ)(君)、臣(おみ)などがあり、公(君)姓では、崇神(すじん)天皇の子孫と称する上毛野君(かみつけぬのきみ)、臣姓では、孝元(こうげん)天皇の後裔といわれる阿倍臣(あべのおみ)が著名。684年(天武天皇13)、主として継体(けいたい)天皇以降の公姓氏族は真人(まひと)、その他の皇別氏族は朝臣(あそん)の姓となる。[佐伯有清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇別の関連キーワード新撰犬筑波集新選・新撰新撰組・新選組新撰和歌集新撰組残夢剣/人間の剣 幕末維新編3誠の群像 新撰組流亡記《百済新撰》《新撰犬筑波集》《新撰東京名所図会》《新撰病双紙》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone