コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盤珪 ばんけい

3件 の用語解説(盤珪の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ばんけい【盤珪】

1622~1693) 江戸前期の臨済宗の僧。播磨浜田の人。勅諡ちよくしは仏智弘済禅師。諱いみなは永琢ようたく。竜門寺の開山。勅命で京都の妙心寺に住した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

盤珪【ばんけい】

江戸初〜中期の臨済宗の僧。名は永琢(ようたく)。諡(おくりな)は正眼(しょうげん)国師。播磨(はりま)の人。16歳のとき出家,のち長崎に明僧道者を尋ね,悟達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばんけい【盤珪】

1622‐93(元和8‐元禄6)
江戸時代の臨済宗の僧。播磨国揖西郡浜田村(現,兵庫県姫路市網干(あぼし))の出身。17歳で赤穂郡随鷗寺の雲甫について得度,名を永琢(えいたく∥ようたく)と称し,のち備前三友寺の牧翁の法を継ぎ,26歳のとき大悟した。その後,美濃玉竜庵,備前三友寺,肥前平戸の雄香寺,伊予大洲の如法寺,郷里網干の竜門寺,江戸の光林寺などに,あるいはとどまり,あるいはこれを創建して禅要を説いた。1672年(寛文12)妙心寺住持となり,退いてのちは多く竜門寺を拠点にまた各地を遍歴した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

盤珪の関連キーワード小泉友賢園基福石原信由貝原存斎川村元吉栗崎道喜(2代)黒田正悦竹下東順本多康将村山マリア

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

盤珪の関連情報