コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直丁 ジキチョウ

4件 の用語解説(直丁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じき‐ちょう〔ヂキチヤウ〕【直丁】

律令制で、仕丁(じちょう)のうち、諸司の雑役に奉仕する番に当たった者。立丁(りってい)。つかえのよぼろ。じきてい。→仕丁

じき‐てい〔ヂキ‐〕【直丁】

じきちょう(直丁)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じきちょう【直丁】

日本古代の律令制下において50戸ごとに2人ずつ徴発された仕丁(しちよう)のうち,中央諸官司の雑役に服する役にあたったものをいう。野外での労役に服する駆使丁(くしちよう)と区別され,神祇・太政二官をはじめ,中央の諸省および諸職(しき)・寮・司や,弾正台などの独立官司,東宮坊以下の諸官司に配置されて,それぞれ定数があった。しかし,十二女司大宰府・諸国などには配置の規定がなかった。【野村 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じきちょう【直丁】

〔「じきてい」とも〕
律令制で、仕丁じちようのうち諸司に配属されて雑役に従った者。 → 仕丁

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone