コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直丁 ジキチョウ

デジタル大辞泉の解説

じき‐ちょう〔ヂキチヤウ〕【直丁】

律令制で、仕丁(じちょう)のうち、諸司の雑役に奉仕する番に当たった者。立丁(りってい)。つかえのよぼろ。じきてい。→仕丁

じき‐てい〔ヂキ‐〕【直丁】

じきちょう(直丁)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じきちょう【直丁】

日本古代の律令制下において50戸ごとに2人ずつ徴発された仕丁(しちよう)のうち,中央諸官司の雑役に服する役にあたったものをいう。野外での労役に服する駆使丁(くしちよう)と区別され,神祇・太政二官をはじめ,中央の諸省および諸職(しき)・寮・司や,弾正台などの独立官司,東宮坊以下の諸官司に配置されて,それぞれ定数があった。しかし,十二女司や大宰府・諸国などには配置の規定がなかった。【野村 忠夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じきちょう【直丁】

〔「じきてい」とも〕
律令制で、仕丁じちようのうち諸司に配属されて雑役に従った者。 → 仕丁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直丁の関連キーワード官人(かんじん)大舎人寮内膳司民部省縫殿寮主船司中宮職衛士府式部省神祇官大膳職治部省兵庫寮主計寮大学寮散位寮中務省織部司正親司画工司

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android