直丁(読み)じきてい

精選版 日本国語大辞典の解説

じき‐てい ヂキ‥【直丁】

〘名〙
① 令制で、諸国の正丁の中から五〇戸に二人の割合で徴集され、中央諸官司で雑役に使役された仕丁(じちょう・つかえのよぼろ)のうち、実際に駆使された者。立丁(りってい)。直丁のための汲炊などの仕事を分担した者を厮丁(しちょう)と称する。
※令義解(718)職員「神部卅人。卜部廿人。使部卅人。直丁二人」
② 明治の太政官制度の一つ。太政官の舎人局(のち式部寮)と宮内省の内舎人局の職員。雑役、宿直に従事。
※太政官布告第八〇二‐明治三年(1870)一一月七日「舎人局 直丁 掌宮中雑使」

じき‐ちょう ヂキチャウ【直丁】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきちょう【直丁】

日本古代の律令制下において50戸ごとに2人ずつ徴発された仕丁(しちよう)のうち,中央諸官司の雑役に服する役にあたったものをいう。野外での労役に服する駆使丁(くしちよう)と区別され,神祇・太政二官をはじめ,中央の諸省および諸職(しき)・寮・司や,弾正台などの独立官司,東宮坊以下の諸官司に配置されて,それぞれ定数があった。しかし,十二女司や大宰府・諸国などには配置の規定がなかった。【野村 忠夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android