コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨む ノゾム

2件 の用語解説(臨むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぞ・む【臨む】

[動マ五(四)]《「望む」と同語源》
風景・場所などを目の前にする。向かい対する。面する。「海に―・んだ部屋」
ある事態が起こるようなところに身を置く。そういう時に当たる。出あう。直面する。「危機に―・む」「死に―・む」「終わりに―・んで礼を述べる」
その場所へ出かけていく。特に、公の、または晴れの場所などに、出席または参加する。「開会式に―・む」「試合に―・む」
支配者が被支配者に対する。また、予想できる事態に対応した態度で人に対する。「強権の発動をもって―・む」「厳正な態度で―・む」
[可能]のぞめる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のぞむ【臨む】

( 動五[四] )
向かい合う。建物・土地が、川・海などに面する。 「駿河湾に-・む漁村」 「国道に-・んで建っている家」
(晴れの集まりなどに)出席する。また、参加する。 「授章式に-・む」 「国際会議に-・む」 「試験に-・む」 「試合に-・む」
ある機会・場面にぶつかる。 「危機に-・んで全力を尽くす」 「お別れに-・んで一言申し上げたい」 「漸く年積りて老に-・めば/今昔 15」 「時ニ-・ム/日葡」
統治者・支配者として対する。 「違法行為に対しては厳罰をもって-・む」 「徳をもって民に-・む」
[可能] のぞめる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨むの関連キーワード埋かる悼む熟る臥す梳く発つ望む撃つ剪む待望む

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨むの関連情報