相乗・合乗(読み)あいのり

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐のり あひ‥【相乗・合乗】

〘名〙
① (━する) 一つの乗り物に二人以上がいっしょに乗ること。同乗すること。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「河岸(かし)へひいてきた大八車へ『フランケット』をしきまうけて是へあひのりをきめ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「もうお帰りかい、ぢゃ合乗でも申付けやう」
③ 馬術で、二人が馬を並べて乗って行くこと。
※武家名目抄(19C中か)術芸部「大坪流馬書云相乗事。師と弟子と乗て馬二疋をもって稽古するに、じねんとふしぎなる事いできたる」
④ 互いの便利のために、共同で物事を行なうこと。「相乗り広告」「相乗り番組」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報