コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スガメ

デジタル大辞泉の解説

すが‐め【×眇】

片目や斜視などの目。
意識的にひとみを片寄せた目。横目

びょう〔ベウ〕【×眇】

[ト・タル][文][形動タリ]非常に小さいさま。取るに足りないさま。
「元来(どだい)此(この)―たる人間の智力から割出したものは」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すがめ【眇】

片方の目が細いこと。また、つぶれていること。
斜視。やぶにらみ。
ひとみを片方に寄せ、横目で見ること。 「卒都婆の方を-に見やりつつ/今昔 19

びょう【眇】

( 名 )
片方の目が不自由。独眼。
( トタル ) [文] 形動タリ 
わずかなさま。とるにたりないさま。 「 -たる此一身に取て此上こよなき栄誉と思ひます/火の柱 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眇の関連キーワード矯めつ眇めつやぶにらみ山本勘介伊勢瓶子殿上闇討藪睨み平忠盛トタル卒都婆眇たる片目眇眇斜視

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android