コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真観(1) しんかん

1件 の用語解説(真観(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真観(1) しんかん

1276-1341 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)2年生まれ。時宗四条派の祖。鎌倉極楽寺の忍性(にんしょう)に戒律を,紀伊(きい)興国寺無本覚心(むほん-かくしん)に禅をまなぶ。正安(しょうあん)2年(1300)上野(こうずけ)板鼻で真教にあい,時宗に帰依。のち京都の祇陀林寺で布教。広義門院の帰依をうけ,同寺を金蓮寺(四条道場)と改称した。暦応(りゃくおう)4=興国2年6月2日死去。66歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。俗姓は牧野。法号は浄阿,浄阿弥陀仏

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真観(1)の関連キーワード世尊寺伊俊大覚寺統向阿雲山智越壺庵至簡千峰本立高津長幸道玄(2)良暁(2)度会朝棟

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone