矢作部(読み)やはぎべ

日本大百科全書(ニッポニカ)「矢作部」の解説

矢作部
やはぎべ

古代の部(べ)の一種。文字どおり、製作して朝廷に献上した技術者集団である。『日本書紀』垂仁(すいにん)天皇39年10月条に述べられている「十箇品部(とおのとものみやつこ)」の記事に、「神(かむ)矢作部」がみえる。なおその伴造(とものみやつこ)氏は『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』未定雑姓河内(かわち)条にみえる矢作連(むらじ)氏であろう。

[大橋信弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「矢作部」の解説

矢作部
やはぎべ

大化以前に矢の製作に従事した部民。改新後は解放されて公民となったが,令制では雑戸身分として,兵部省管下の造兵司に属した。「別記 (べっき) 」によれば,雑工戸のうちに「矢作廿二戸」があり,10月から3月まで1戸1人を役し,調を免除した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「矢作部」の解説

矢作部
やはぎべ

古代,大和政権に所属した部民の一つ
矢の製造をとして世襲韓鍛冶 (からのかぬち) ・鞍作などとともに渡来人系で,技術をもって大和政権に仕えた。令制では兵部省の管轄に入った。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「矢作部」の解説

やはぎ‐べ【矢作部】

〘名〙 令制前、矢はぎを職能とした部民。〔水戸本丙日本紀私記(1678)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「矢作部」の解説

やはぎ‐べ【矢部】

大化前代、矢の製作をとした品部しなべ矢部

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android