矢板[市](読み)やいた

百科事典マイペディアの解説

矢板[市]【やいた】

栃木県中部の市。1958年市制。那珂川の支流内川の流域高原山南東麓を占める。中心市街は明治以降郡役所設置,東北本線開通により県北の行政中心,物資集散地として発展。米作畜産,野菜栽培を主とする農村都市であったが,1973年東北自動車道が開通,工業団地が造成され,電気機器の大企業が誘致されて,田園商工業都市となった。高原山麓は日光国立公園に属し,八方ヶ原にはレンゲツツジの大群落がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。170.46km2。3万5343人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やいた【矢板[市]】

栃木県北東部の市。1958年市制。人口3万6650(1995)。北西部は高原山などの山地であるが,東部や南部は那珂川の支流箒(ほうき)川と内川,鬼怒川の支流荒川の沖積低地である。中世における中心集落は南部の川崎反町(かわさきそりまち)と館ノ川で,塩谷氏が居城した。現在の中心集落矢板は,近世には日光北街道宿駅であったが,間の宿であったため明治初年でも戸数60余にすぎなかった。1886年の東北本線の開通とともに矢板駅が開設されたことから,県北の産業・交通の中心地として急激に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android