コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高原山 たかはらやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高原山
たかはらやま

栃木県北部にあるコニーデ型(→成層火山)の活火山高原火山群ともいう。那須火山帯に属し,西を鬼怒川,東を箒川が流れる。北部の塩原火山(最高峰は前黒山,1678m)と釈迦ヶ岳火山からなり,塩原火山の北には寄生火山の富士山(別称藤山,1184m)がある。釈迦ヶ岳(1795m)の山頂に火口跡があり,東斜面は溶岩流によって形成された八方ヶ原である。山体はおもに複輝石安山岩からなり,各所にいくつかの爆裂火口がある。富士山西麓の新湯温泉は,その一つである。全域が日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高原山【たかはらやま】

栃木県北部,那須火山列に属する成層火山。標高1795m(釈迦ヶ岳)の活火山で,おもに複輝石安山岩からなり,山頂に火口跡がある。北斜面にある前黒山(1678m)と双子火山をなす。多くの神社が祀られ,修験(しゅげん)者の行場でもあり,江戸時代には日光東照宮の造営用材が伐り出された。山腹の草地は牧場,スキー場に利用,山麓には塩原,川治,鬼怒川などの温泉がある。
→関連項目矢板[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかはらやま【高原山】

栃木県北部,那須岳と白根山(日光白根)のほぼ中間に位置する火山。日光国立公園に含まれる。北の塩原火山と南の釈迦ヶ岳(しやかがたけ)火山の二つの第四紀の成層火山からなる。前黒山(1678m),明神岳(1633m)などからなる塩原火山が形成されたのち,鶏頂山(1766m),釈迦ヶ岳(1795m),西平(にしひら)岳(1708m)などが火口壁をつくる釈迦ヶ岳火山が噴出し,現在の山体が形成された。噴火の初期は玄武岩質の溶岩,後期は側火山の溶岩円頂丘の富士山(1184m)に見るように酸性岩の石英安山岩や軽石を噴出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕高原山(たかはらやま)


栃木県北部に噴出した塩原(しおばら)火山と釈迦(しゃかが)岳火山を合わせた総称。狭義には釈迦岳火山のみをいう。北側の塩原火山は前黒(まえくろ)山(標高1678m)を最高峰とし、北麓(ほくろ)に溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)の富士山(ふじやま)が寄生する。南側の釈迦岳火山は主峰の釈迦岳(標高1795m)・鶏頂(けいちょう)山などからなる。北麓の塩原温泉郷、南西麓に鬼怒(きぬ)川温泉郷ほか山麓温泉がわき、スキー場・牧場も点在。一帯は日光国立公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高原山
たかはらやま

栃木県矢板(やいた)市、那須塩原(なすしおばら)市、塩谷(しおや)郡塩谷町、日光市にまたがり、鬼怒(きぬ)川と箒(ほうき)川に挟まれる火山。北の前黒(まえぐろ)山(1678メートル)、明神(みょうじん)岳などからなる塩原火山と南の鶏頂(けいちょう)山(1765メートル)、釈迦(しゃか)ヶ岳(1795メートル)などからなる釈迦ヶ岳火山の二つの成層火山の複合火山を高原山という。初期に玄武岩、後期には寄生火山の富士山(ふじやま)にみるような石英安山岩や軽石を放出した。東に開く爆裂火口が火口瀬のスッカン沢、鹿股(かのまた)川となって北流し、箒川に合流する。日光国立公園区域に含まれ、北麓(ほくろく)の塩原温泉などが探勝の拠点となり、箒川沿いの渓谷美、八方ヶ原(はっぽうがはら)、南東斜面の県民の森、大沼を回る自然研究路などハイキングの好適地に恵まれる。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高原山の関連情報