コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田津世子 やたつせこ

3件 の用語解説(矢田津世子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

矢田津世子【やたつせこ】

小説家。本名ツセ。秋田県生れ。私立麹町高女卒。初め左翼作家としての姿勢を固め,《文学時代》の懸賞小説に応募した《罠を跳び越える少女》で文壇デビュー。その後,左翼作家から芸術派に転身,田村泰次郎らの同人誌《桜》に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田津世子 やだ-つせこ

1907-1944 昭和時代前期の小説家。
明治40年6月19日生まれ。昭和5年「罠(わな)を跳び越える女」が「文学時代」の懸賞小説に当選し,文壇にデビューする。「桜」「日暦」同人をへて,武田麟太郎らの「人民文庫」に作品を発表,「神楽坂」は芥川賞候補となった。昭和19年3月14日死去。38歳。秋田県出身。麹町高女卒。本名はツセ。著作に「茶粥(ちゃがゆ)の記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢田津世子
やだつせこ
(1907―1944)

小説家。秋田県出身。本名ツセ。東京の私立麹町(こうじまち)高等女学校卒業。左翼思想への目覚めを基底に置いた作品を1929年(昭和4)ごろから発表するが、33年、芸術派に転身、坂口安吾(あんご)、田村泰次郎(たいじろう)らの同人誌『桜』、さらに『日暦(にちれき)』『人民文庫』に参加するなかで本領を発揮していく。庶民の風俗と心理を客観的にまた、情緒豊かにとらえる作風で、36年『神楽坂(かぐらざか)』により芥川(あくたがわ)賞候補となり文壇での地位を確立。以後『茶粥(ちゃがゆ)の記』(1941)などの佳作を残したが、肺患のため37歳で死去。[高橋真理]
『『神楽坂』(『現代日本文学全集87』所収・1958・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢田津世子の関連キーワード伊藤銀月大倉桃郎神崎武雄井手訶六川田功陸直次郎津村京村寺尾幸夫松永延造蘭郁二郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢田津世子の関連情報