コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田津世子 やたつせこ

百科事典マイペディアの解説

矢田津世子【やたつせこ】

小説家。本名ツセ。秋田県生れ。私立麹町高女卒。初め左翼作家としての姿勢を固め,《文学時代》の懸賞小説に応募した《罠を跳び越える少女》で文壇デビュー。その後,左翼作家から芸術派に転身,田村泰次郎らの同人誌《桜》に参加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田津世子 やだ-つせこ

1907-1944 昭和時代前期の小説家。
明治40年6月19日生まれ。昭和5年「罠(わな)を跳び越える女」が「文学時代」の懸賞小説に当選し,文壇にデビューする。「桜」「日暦」同人をへて,武田麟太郎らの「人民文庫」に作品を発表,「神楽坂」は芥川賞候補となった。昭和19年3月14日死去。38歳。秋田県出身。麹町高女卒。本名はツセ。著作に「茶粥(ちゃがゆ)の記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢田津世子
やだつせこ
(1907―1944)

小説家。秋田県出身。本名ツセ。東京の私立麹町(こうじまち)高等女学校卒業。左翼思想への目覚めを基底に置いた作品を1929年(昭和4)ごろから発表するが、33年、芸術派に転身、坂口安吾(あんご)、田村泰次郎(たいじろう)らの同人誌『桜』、さらに『日暦(にちれき)』『人民文庫』に参加するなかで本領を発揮していく。庶民の風俗と心理を客観的にまた、情緒豊かにとらえる作風で、36年『神楽坂(かぐらざか)』により芥川(あくたがわ)賞候補となり文壇での地位を確立。以後『茶粥(ちゃがゆ)の記』(1941)などの佳作を残したが、肺患のため37歳で死去。[高橋真理]
『『神楽坂』(『現代日本文学全集87』所収・1958・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矢田津世子の関連キーワード矢田 津世子坂口 安吾坂口安吾女人芸術母と子

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android