コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋山の戦い いしばしやまのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石橋山の戦い
いしばしやまのたたかい

治承4 (1180) 年8月 23日,小田原市南西の相模国石橋山で行われた源頼朝と,平氏方の大庭景親らとの戦い。頼朝は以仁王令旨に応じ,北条時政の援助を得て,治承4年8月 17日に挙兵し,伊豆目代山木兼隆を討ち,一挙に相模制圧を目指したが,大庭景親らにはばまれ,同月 23日,300騎を率いて石橋山に陣した。大庭軍は三千余騎でこれに対陣,さらに伊東祐親が 300騎を引連れてうしろを囲んだ。頼朝方は三浦義澄らの援軍が到着する前の 23日夕,平氏方の襲撃を受けて壊滅し,頼朝は危いところを大庭方の飯田家義に助けられて箱根に逃れ,さらに真鶴岬より海路安房に逃れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いしばしやまのたたかい【石橋山の戦い】

1180年八月、小田原市南部の石橋山で行われた源頼朝挙兵後最初の合戦。平家方の大庭景親らの軍に大敗し、頼朝は再挙のため一時安房あわに逃れた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石橋山の戦い
いしばしやまのたたかい

1180年(治承4)8月、相模(さがみ)国石橋山(神奈川県小田原市南西部)で、平氏方の大庭景親(おおばかげちか)らが源頼朝(よりとも)の軍を破った戦闘。8月17日、伊豆北条に挙兵し、同国目代(もくだい)の山木兼隆(やまきかねたか)を討った頼朝は、ついで三浦氏の軍との合流を望み相模に進出、石橋山に布陣した。しかし23日夕、景親勢がこれを強襲、伊東祐親(いとうすけちか)も背後をうかがった。三浦の大軍との合流を阻止された頼朝勢は大敗したが、飯田家義(いいだいえよし)、梶原景時(かじわらかげとき)など、景親の手に属しながらも内応する者があり、彼らの計らいで絶命の危機を逃れた頼朝は、箱根山中を経て土肥郷(どいごう)(神奈川県湯河原町、真鶴(まなづる)町)に脱出、28日には真鶴岬から海上を安房(あわ)(千葉県)に渡り、再挙を図ることになった。[杉橋隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石橋山の戦いの関連キーワード山内氏(やまうちうじ)平野仁右衛門土肥実平妻仁右衛門島宇佐美実政良暹(2)佐々木義清鋸南(町)治承の内乱成尋(2)佐奈田義忠横山時兼長尾定景土肥遠平三浦義明熊谷直実北条政子加藤光員千葉常胤豊島清光

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android