コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強襲 きょうしゅう assault

翻訳|assault

3件 の用語解説(強襲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強襲
きょうしゅう
assault

陸戦において,敵に攻撃の予告を与えることなく不意に襲撃することをいう。突撃ともいう。防守されていない地域に対しての攻撃は禁止されているが,防守されている地域の砲撃による攻撃の場合にも,一般市民に対する人道的考慮から,できるかぎり予告砲撃が望まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅう〔キヤウシフ〕【強襲】

[名](スル)
強引に攻めること。強攻。「敵の陣地を強襲する」
猛烈な勢いでおそうこと。「ピッチャー強襲の安打」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうしゅう【強襲】

( 名 ) スル
強烈に相手を襲うこと。無理押しに襲撃すること。 「敵を-する」 「三塁-安打」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の強襲の言及

【奇襲】より

…近代戦ではつぎつぎと威力強大な新兵器が突如として使用され,大規模な奇襲が行われるようになり,戦略的奇襲という語が使用されている。奇襲のほか強襲,急襲と称する戦法がある。強襲とは,自軍の企図を敵が察知あるいは判断して準備している堅固な陣地を,敵よりもさらに強大な戦力で圧倒し,一挙に攻撃を強行すること,急襲とは,みずからの企図を秘匿し,不意に襲撃することをいう。…

※「強襲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

強襲の関連キーワード強攻強引強奪攻め遠攻め反攻平攻め無理押し我武者羅攻合い

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強襲の関連情報