コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石芋 イシイモ

デジタル大辞泉の解説

いし‐いも【石芋】

日本の伝説で、硬くて食べられない芋。芋を乞うた旅の僧に、石芋だとうそをついて与えなかったため、その後その土地には石のような芋しかできなくなったという。僧を弘法大師とするものが多い。
オランダ海芋(かいう)の別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしいも【石芋】

昔、行脚あんぎや僧が芋を洗う老婆に芋を求めたとき、老婆は惜しんで与えず、かたくて食えない、と言ったところ、以後その地の芋は石のようにかたくなった、という伝説のある芋。行脚僧に弘法大師をあてる所が多い。
オランダ海芋かいうの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石芋
いしいも

自然伝説の一つ。「食わず芋」「大師芋」ともいう。固くて食べられない芋の由来を説明する伝説。ある高僧(その半数以上が弘法(こうぼう)大師)の巡錫(じゅんしゃく)の途中に、空腹のために芋を所望し、もらえなかったため(恵まれたため)に、その地の芋(ほかの救荒食物も同じ)は煮ても焼いても食べられない(不自由することがない)、という型は、全国に共通している。芋のかわりに蕨(わらび)、菜などがあるほかに、杖(つえ)を挿して根づかせて二度三度実らす(たとえば、弘法栗(ぐり)、三度栗、不喰梨(くわずなし)、半渋柿、弘法柿、石胡桃(くるみ)、莢(さや)ばかりの大豆など)も型は同じ。またこの型は、弘法が水をもらえなかった(恵まれた)ために罰があたって(恩恵によって)泉がない(よい水が湧(わ)く)、という弘法清水(しみず)と同型である。親切な村人と意地悪なそれとの結果の対比は、昔話「隣の爺(じい)」型と同じで、勧善懲悪を説く文芸的意匠が、異郷人歓待の信仰を変化せしめたものである。救荒食物や自然湧出(ゆうしゅつ)水の恩恵者として弘法がもっとも幅をきかしているのは、中世中末期以降に弘法をかたって全国を歩いた高野聖(こうやひじり)の影響や、それに伴う大師信仰の習俗によるものである。[渡邊昭五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石芋 (イシイモ)

植物。サトイモ科の多年草。オランダカイウの別称

石芋 (イシイモ)

植物。サトイモ科の多年草,薬用植物。クワズイモの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

石芋の関連キーワードオランダ海芋行脚老婆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android