コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鳥谷 いしどりや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鳥谷
いしどりや

岩手県中部,花巻市北部の旧町域。北上川に沿う低地にある。 1928年好地村が名称変更して町制。 1955年新堀村,八重畑村,八幡村の3村と合体。 2006年花巻市,大迫町,東和町と合体し花巻市となった。旧町名は江戸時代の宿駅名にちなむ。酒の町として有名。かつては盛岡藩侯の御膳酒は毎日ここから運ばれたといわれ,南部杜氏発祥地。北上川の肥沃な沖積地にあって米作とリンゴ栽培を中心に転作の野菜栽培,畜産が行なわれる。五大堂にある光勝寺は大和国総本山長谷寺の末寺で五大尊蘇民祭は有名。歴史民俗資料館の南部杜氏の酒造用具は国の重要有形民俗文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

石鳥谷

岩手県花巻市にある道の駅。国道4号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いしどりや【石鳥谷】

岩手県中西部、花巻市の地名。北上川が南北に貫流。南部杜氏とうじの発祥地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鳥谷
いしどりや

岩手県中央部、稗貫(ひえぬき)郡にあった旧町名(石鳥谷町(ちょう))。現在は花巻(はなまき)市の北部中央寄りを占める地域。1928年(昭和3)町制施行。1955年新堀(にいぼり)、八幡(はちまん)、八重畑(やえはた)の3村と合併。2006年(平成18)花巻市に合併。旧町域の中央部を北上川が南流し、流域は広い水田地帯をなす。米作のほか、リンゴ栽培も盛んである。「酒の町」として知られ、かつては盛岡藩主の御膳(ごぜ)酒を毎日盛岡まで運んだといわれ、現在も3社の酒造工場がある。酒造りで全国各地に出稼ぎする南部杜氏(とうじ)の発祥地でもあり、南部杜氏伝承館もある。JR東北本線、東北自動車道のほか、石鳥谷バイパス(国道4号)が完成して商店街再開発が進められている。国道沿いに樹齢約350年の杉生桜(すぎおいざくら)の名木がある。光勝寺は真言宗豊山(ぶざん)派で、豊作を祈る五大尊蘇民祭(そみんさい)がある。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石鳥谷の関連キーワード岩手県花巻市石鳥谷町中寺林石鳥谷歴史民俗資料館るんびにい美術館石鳥谷[町]岩手県花巻市盛岡タイムス国民体育大会淵沢 能恵花巻(市)大石 スク䣨右衛門赤子塚紫波町南部関南北地名貫流宝峰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石鳥谷の関連情報