コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大迫 おおはさま

2件 の用語解説(大迫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大迫
おおはさま

岩手県中部,花巻市北東部の旧町域。早池峰山西麓にある。盛岡市の南東に位置し,東は遠野市に接する。1889年町制施行。1955年内川目村,外川目村,亀ヶ森村の 3村と合体。2006年花巻市,石鳥谷町,東和町と合体し花巻市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大迫
おおはさま

岩手県中央部、稗貫(ひえぬき)郡にあった旧町名(大迫(おおはさま)(まち))。現在は花巻(はなまき)市の北東部を占める地域。1892年(明治25)町制施行。1955年(昭和30)内川目(うちかわめ)、外川目、亀ヶ森(かめがもり)の3村と合併。2006年(平成18)花巻市に合併。旧町域は早池峰山(はやちねさん)南麓(なんろく)にあり、古くから釜石(かまいし)街道の宿駅として栄え、盛岡藩時代には大迫通り代官所が置かれた。ブドウ、葉タバコ栽培、畜産を行い、県立農業試験場大迫葡萄試験地の設置を契機にエーデルワインの生産も盛ん。早池峰山の登山口にあたる。岳(だけ)、大償(おおつぐない)集落に伝わる早池峰神楽(かぐら)(国の重要無形民俗文化財)をはじめ鹿踊、念仏踊など郷土芸能の宝庫である。早池峰山のハヤチネウスユキソウがアルプスのエーデルワイスと同種のことからオーストリアのベルンドルフ市と姉妹都市を結び、それを記念する早池峰山岳博物館がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大迫の関連キーワード早池峰大償神楽早池峰岳神楽岩手県花巻市太田岩手県花巻市大迫町内川目岩手県花巻市北笹間岩手県花巻市北湯口岩手県花巻市葛岩手県花巻市高松岩手県花巻市湯口岩手県花巻市湯本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大迫の関連情報