コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂宅智積碑 さたくちせきひSat'aekchijǒk-pi

2件 の用語解説(砂宅智積碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂宅智積碑
さたくちせきひ
Sat'aekchijǒk-pi

韓国,扶余で発見 (1948) された百済の断碑。百済義慈王 14 (654) 年,奈祇城の砂宅智積が私財を投じ仏堂,宝塔を建立したのを記念して建てられた石碑の一部。細線で区画した碑面に,「甲寅年正月九日」で始る 56字 (14字4行) の北朝風の楷書で書かれた駢儷体 (べんれいたい) (→駢文 ) の文が刻まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さたくちしゃくひ【砂宅智積碑 Sat‘aekchich‘ŏk‐pi】

韓国,忠清南道扶余郡扶余邑で1948年に発見された三国時代百済の数少ない金石文。碑は身部だけで,しかも左側の一部を欠いている。碑身の上下は当初のままで,高さ105.5cm,現存幅約33.0cm,厚さ約29.5cmを測る。碑面には1行に14の方形の区画を線刻し,そこに文字を刻んでいる。1行から4行まではほぼ完存しているが,5行目は字画のごく一部を随所に残すにすぎない。また,碑身の原形をとどめる右側面には,上端から少し下がったところに,円形の輪郭を刻んでいて,その内部になんらかの図文の存在をうかがわせるが,磨滅がひどくてよくわからない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

砂宅智積碑の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone