コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂宅智積碑 さたくちせきひ Sat'aekchijǒk-pi

2件 の用語解説(砂宅智積碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂宅智積碑
さたくちせきひ
Sat'aekchijǒk-pi

韓国,扶余で発見 (1948) された百済の断碑。百済義慈王 14 (654) 年,奈祇城の砂宅智積が私財を投じ仏堂,宝塔を建立したのを記念して建てられた石碑の一部。細線で区画した碑面に,「甲寅年正月九日」で始る 56字 (14字4行) の北朝風の楷書で書かれた駢儷体 (べんれいたい) (→駢文 ) の文が刻まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さたくちしゃくひ【砂宅智積碑 Sat‘aekchich‘ŏk‐pi】

韓国,忠清南道扶余郡扶余邑で1948年に発見された三国時代百済の数少ない金石文。碑は身部だけで,しかも左側の一部を欠いている。碑身の上下は当初のままで,高さ105.5cm,現存幅約33.0cm,厚さ約29.5cmを測る。碑面には1行に14の方形の区画を線刻し,そこに文字を刻んでいる。1行から4行まではほぼ完存しているが,5行目は字画のごく一部を随所に残すにすぎない。また,碑身の原形をとどめる右側面には,上端から少し下がったところに,円形の輪郭を刻んでいて,その内部になんらかの図文の存在をうかがわせるが,磨滅がひどくてよくわからない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砂宅智積碑の関連キーワード大田大韓民国忠清南道扶余平百済塔陵山里古墳群夫余・扶余五方・五部松菊里遺跡定林寺址

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone