コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研削といし(研削砥石) けんさくといしgrinding wheel

世界大百科事典 第2版の解説

けんさくといし【研削といし(研削砥石) grinding wheel】

一定の形状寸法をもつように砥粒を結合した,研削作業に使用する回転工具。人造といし天然といしとに大別されるが,工業的に用いられるのは,ほとんどが人造といしである。
[種類]
 研削といしは砥粒,結合剤,気孔の3要素から構成されており,用いる砥粒には白色アルミナ質(WA),褐色アルミナ質(A),単一結晶アルミナ質(HA),淡紅色アルミナ質(PA),緑色炭化ケイ素質(GC),黒色炭化ケイ素質(C),立方晶窒化ホウ素(cBN),人造ならびに天然のダイヤモンドなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android