コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研削といし(研削砥石) けんさくといし grinding wheel

1件 の用語解説(研削といし(研削砥石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんさくといし【研削といし(研削砥石) grinding wheel】

一定の形状寸法をもつように砥粒を結合した,研削作業に使用する回転工具。人造といし天然といしとに大別されるが,工業的に用いられるのは,ほとんどが人造といしである。
[種類]
 研削といしは砥粒,結合剤,気孔の3要素から構成されており,用いる砥粒には白色アルミナ質(WA),褐色アルミナ質(A),単一結晶アルミナ質(HA),淡紅色アルミナ質(PA),緑色炭化ケイ素質(GC),黒色炭化ケイ素質(C),立方晶窒化ホウ素(cBN),人造ならびに天然のダイヤモンドなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

研削といし(研削砥石)の関連キーワード形鋼疎水結合結合犯柱状様式化連語形状記憶樹脂ジスルフィド結合複合タンパク質ホスホジエステル結合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone