硫酸マンガン(読み)りゅうさんマンガン(英語表記)manganese sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸マンガン
りゅうさんマンガン
manganese sulfate

(1) 硫酸マンガン (II)   MnSO4 。1,4,5および7水塩が知られているが,常温付近で安定なのは5水塩である。マンガンの水和物はいずれも美しいばら色を呈するが,400~450℃で脱水し,無水物となる。染色,赤色釉,ブドウやタバコの肥料などとして用いられる。 (2) 硫酸マンガン (III)   Mn2(SO4)3 。暗濃緑色の粉末であるが,熱するとすみやかに分解して無色の硫酸マンガン (II) に変る。酸性塩 Mn2(SO4)3・H2SO4・4H2O も知られており,過マンガン酸カリウムと濃硫酸から得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんマンガン【硫酸マンガン manganese sulfate】

マンガンの硫酸塩で,マンガンの酸化数II,III,IVの化合物が知られている。
[硫酸マンガン(II)]
 化学式MnSO4。無水和物および1,4,5,7水和物が知られている。1および7水和物はそれぞれ天然にスズミカイトszmikiteおよびマラーダイトmallarditeとして産する。無水和物は水和物を280℃に加熱すると得られる。白色塊,斜方晶系。融点700℃。850℃で分解する。比重3.235。水に対する溶解度53g/100g(0℃)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸マンガン
りゅうさんまんがん
manganese sulfate

マンガンの硫酸塩。酸化数の塩が普通に知られる。
(1)硫酸マンガン() 化学式MnSO4、式量151.0。水酸化マンガン()または炭酸マンガン()を硫酸に溶かした溶液から、0℃付近で七水和物、9~27℃で五水和物、27℃以上で一水和物の結晶が得られる。いずれもほとんど無色に近い淡赤色の単斜晶系結晶。熱すると400℃で無水和物となる。無水和物は淡赤色。融点700℃。比重3.23。850℃で分解する。水、エタノール(エチルアルコール)に溶ける。53g/100g(0℃)。七水和物MnSO47H2Oは淡紅色結晶。天然にはマラーダイトmallarditeとして産する。塗料、印刷インキの乾燥剤原料、窯業用顔料(リン酸マンガン)の製造、金属表面処理剤などの用途がある。
(2)硫酸マンガン() 化学式Mn2(SO4)3、式量398.1。過マンガン酸カリウムと濃硫酸とを注意深く反応させて得る(爆発しやすい)。緑色結晶で、潮解性。比重3.24。水で加水分解するが、塩酸、希硫酸に溶ける。酸化剤としての用途がある。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android