コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸マンガン りゅうさんマンガン manganese sulfate

3件 の用語解説(硫酸マンガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸マンガン
りゅうさんマンガン
manganese sulfate

(1) 硫酸マンガン (II)   MnSO4 。1,4,5および7水塩が知られているが,常温付近で安定なのは5水塩である。マンガンの水和物はいずれも美しいばら色を呈するが,400~450℃で脱水し,無水物となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんマンガン【硫酸マンガン manganese sulfate】

マンガンの硫酸塩で,マンガンの酸化数II,III,IVの化合物が知られている。
[硫酸マンガン(II)]
 化学式MnSO4。無水和物および1,4,5,7水和物が知られている。1および7水和物はそれぞれ天然にスズミカイトszmikiteおよびマラーダイトmallarditeとして産する。無水和物は水和物を280℃に加熱すると得られる。白色塊,斜方晶系。融点700℃。850℃で分解する。比重3.235。水に対する溶解度53g/100g(0℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸マンガン
りゅうさんまんがん
manganese sulfate

マンガンの硫酸塩。酸化数の塩が普通に知られる。
(1)硫酸マンガン() 化学式MnSO4、式量151.0。水酸化マンガン()または炭酸マンガン()を硫酸に溶かした溶液から、0℃付近で七水和物、9~27℃で五水和物、27℃以上で一水和物の結晶が得られる。いずれもほとんど無色に近い淡赤色の単斜晶系結晶。熱すると400℃で無水和物となる。無水和物は淡赤色。融点700℃。比重3.23。850℃で分解する。水、エタノール(エチルアルコール)に溶ける。53g/100g(0℃)。七水和物MnSO47H2Oは淡紅色結晶。天然にはマラーダイトmallarditeとして産する。塗料、印刷インキの乾燥剤原料、窯業用顔料(リン酸マンガン)の製造、金属表面処理剤などの用途がある。
(2)硫酸マンガン() 化学式Mn2(SO4)3、式量398.1。過マンガン酸カリウムと濃硫酸とを注意深く反応させて得る(爆発しやすい)。緑色結晶で、潮解性。比重3.24。水で加水分解するが、塩酸、希硫酸に溶ける。酸化剤としての用途がある。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸マンガンの関連キーワード過マンガン酸カリウム酸化マンガン硝酸マンガン軟マンガン鉱マンガン鋼満貫沼マンガン鉱マンガン鉱物酸化マンガン(III)マンガン(II)酸化マンガン(IV)マンガン(II)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone