コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬タンパク質

世界大百科事典 第2版の解説

こうたんぱくしつ【硬タンパク質 scleroprotein】

一群のタンパク質の分類上の総称。水,塩溶液,有機溶媒弱酸,弱アルカリなどのほとんどの溶媒に溶けない繊維状タンパク質。一般にタンパク質分解酵素にも作用されにくく,分子の分解を伴わないような温和な条件で溶解させることは困難。明確な生理的作用をもたない。動物の骨格構造を構築している主要な構成成分であり,また生体を保護する役割を果たしているタンパク質でもある。植物界では硬タンパク質の代りにセルロース類が同じ役割をしているものと考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬タンパク質
こうたんぱくしつ
scleroprotein

タンパク質を水や低塩溶液、弱酸、弱アルカリ、アルコールに対する溶解度によって大まかに分類した場合、アルブミン、グロブリン、プロラミンなどと違い、すべてに不溶性の単純タンパク質の一群をさし、アルブミノイドともよばれた。動物組織の支持物質や骨格物質として構造的役割を果たすものが多く、酵素のような活性をもつものではない。骨、皮、(けん)、軟骨などのコラーゲン(型から型)をはじめ、角(つの)、毛、爪(つめ)などのケラチン、血管などのエラスチン、絹糸のフィブロイン、節足動物とくに昆虫の外骨格のレジリン、海綿のスポンジン、サンゴのゴルゴニン、イガイの殻のコンキオリンなどがある。レジリンはチロシン三つがベンゼン環を介して連結したトリチロシン構造をもっている。コラーゲンやフィブロインは薄い酢酸や塩溶液に溶かすことができ、研究が進んでいる。コラーゲンやエラスチンは特徴的なアミノ酸配列をもち、それぞれ、デヒドロリジノノルロイシンやデスモシンのような分子間架橋(構造)が形成されてしだいに不溶化し、老化との関連が注目されている。
 これらのタンパク質は、それぞれに特異的なプロテアーゼであるコラーゲナーゼ、エラスターゼ、ケラチナーゼなどによりそれぞれ特徴的なアミノ酸配列の個所で切断を受け、断片化され、さらに別のプロテアーゼにより、アミノ酸まで分解される。
 なお、ウニの受精膜はかならずしも硬タンパク質とはいえないが、孵化(ふか)するときに受精膜を溶かす孵化酵素、エンベライシンenvelysinは哺乳(ほにゅう)類のコラーゲナーゼなどを含むマトリックスメタロプロテアーゼグループの一員である。[野村晃司]
『宮本武明他編『21世紀の天然・生体高分子材料』(1998・シーエムシー) ▽藤本大三郎著『コラーゲン物語』(1999・東京化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

硬タンパク質の関連キーワードフィブロイン卵(らん)ゼラチン結合組織セリシンクチクラ肉料理繊維素海綿質血小板角質化角質筆石練色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android