コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬タンパク質

3件 の用語解説(硬タンパク質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

硬タンパク質

 アルブミノイドともいう.コラーゲンエラスチン,ケラチンなど,塩類溶液に溶けないタンパク質の総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうたんぱくしつ【硬タンパク質 scleroprotein】

一群のタンパク質の分類上の総称。水,塩溶液,有機溶媒,弱酸,弱アルカリなどのほとんどの溶媒に溶けない繊維状タンパク質。一般にタンパク質分解酵素にも作用されにくく,分子の分解を伴わないような温和な条件で溶解させることは困難。明確な生理的作用をもたない。動物の骨格構造を構築している主要な構成成分であり,また生体を保護する役割を果たしているタンパク質でもある。植物界では硬タンパク質の代りにセルロース類が同じ役割をしているものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬タンパク質
こうたんぱくしつ
scleroprotein

タンパク質を水や低塩溶液、弱酸、弱アルカリ、アルコールに対する溶解度によって大まかに分類した場合、アルブミングロブリンプロラミンなどと違い、すべてに不溶性単純タンパク質の一群をさし、アルブミノイドともよばれた。動物組織の支持物質や骨格物質として構造的役割を果たすものが多く、酵素のような活性をもつものではない。骨、皮、腱(けん)、軟骨などのコラーゲン(型から型)をはじめ、角(つの)、毛、爪(つめ)などのケラチン、血管などのエラスチン、絹糸のフィブロイン、節足動物とくに昆虫の外骨格のレジリン、海綿のスポンジン、サンゴのゴルゴニン、イガイの殻のコンキオリンなどがある。レジリンはチロシン三つがベンゼン環を介して連結したトリチロシン構造をもっている。コラーゲンやフィブロインは薄い酢酸や塩溶液に溶かすことができ、研究が進んでいる。コラーゲンやエラスチンは特徴的なアミノ酸配列をもち、それぞれ、デヒドロリジノノルロイシンやデスモシンのような分子間架橋(構造)が形成されてしだいに不溶化し、老化との関連が注目されている。
 これらのタンパク質は、それぞれに特異的なプロテアーゼであるコラーゲナーゼ、エラスターゼ、ケラチナーゼなどによりそれぞれ特徴的なアミノ酸配列の個所で切断を受け、断片化され、さらに別のプロテアーゼにより、アミノ酸まで分解される。
 なお、ウニの受精膜はかならずしも硬タンパク質とはいえないが、孵化(ふか)するときに受精膜を溶かす孵化酵素、エンベライシンenvelysinは哺乳(ほにゅう)類のコラーゲナーゼなどを含むマトリックスメタロプロテアーゼグループの一員である。[野村晃司]
『宮本武明他編『21世紀の天然・生体高分子材料』(1998・シーエムシー) ▽藤本大三郎著『コラーゲン物語』(1999・東京化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬タンパク質の関連キーワード糖蛋白質繊維状蛋白質誘導蛋白質アポタンパク質易動性タンパク質可消化タンパク質急性期タンパク質鶏卵タンパク質タンパク質のターンオーバー乳タンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone