コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシズエ

デジタル大辞泉の解説

いし‐ずえ〔‐ずゑ〕【礎】

《「石据え」の意》
家屋や橋などの柱の下に据える土台石。根石(ねいし)。柱石(はしらいし)。
物事の基礎となる大切なもの。また、その人。「建国のとなる」「今日の繁栄のを築く」

そ【礎】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]いしずえ
建物の柱をのせる土台石。「礎石基礎定礎
物事を成り立たせる根本。「国礎
[名のり]き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしずえ【礎】

〔石据えの意〕
建物の土台となる石。柱石。土台石。礎石。 「建物の-だけが昔をしのばせる」
(比喩的に)物事の基礎となる大事なもの、あるいは人。 「事業の-をきずく」 「国の-となる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【建築儀礼】より

…古代の伊勢神宮の造営では,山口祭(やまぐちまつり)(杣山(そまやま)の入口でその神をまつる儀式),木本祭(きのもとまつり)(正殿の忌柱を切るときの祭り),鎮地祭(ちんじさい)などが行われた。古代寺院の造営でも,基礎工事では鎮壇具を地中に埋めて安全を祈り,完成のときには造立供養(ぞうりゆうくよう)が行われた。平安時代以降の建築工事では,礎(いしずえ)(礎石を据えるとき),手斧始(ちようなはじめ)(事始(ことはじめ),木作始(きづくりはじめ)とも呼び,材木加工の開始),立柱(りつちゆう)・柱立(はしらだて)(柱を立てるとき),上棟(じようとう)・棟上(むねあげ)(棟木をのせるとき)が主要な儀式で,日時をあらかじめ陰陽師が卜占し,当日は建築工匠と工事関係者が工事場に集まって儀式を行った。…

【地鎮祭】より

…中世の仏教による地鎮祭は地鎮法と呼ばれ,鎮物には五穀,五色玉などが用いられた。しかし中世の建築工事の記録を見ると,一般に手斧始(ちようなはじめ)((ちような))に先立つ建築儀礼としては,礎(いしずえ)(礎石を据え付けるときの祭事)や地引(じびき)または鋤始(すきはじめ)(整地開始の祭事)を行うものが多く,地鎮祭(土公祭(どこうまつり)とも呼ばれた)を行っている例は少ない。江戸時代の大工技術書を調べてみても,地鎮祭が建築儀礼のなかで重要な位置を占め,それに応じて儀式の形式などが整えられるのは,江戸時代後半以降と考えられる。…

※「礎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

礎の関連キーワード岐阜県各務原市蘇原寺島町宮島 伝兵衛(7代目)沖縄県糸満市摩文仁龍角寺境内ノ塔跡ズラトブラツキーロゼッタストーントスカーナ式アイネイアス社会主義神髄比江廃寺塔跡幡多廃寺塔跡平和祈念公園積み石・積石スタイナー西国分塔跡宇都宮頼綱ラグビー校海獣葡萄鏡上野廃寺跡イオニア式

礎の関連情報