コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的均衡 しゃかいてききんこうsocial equilibrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的均衡
しゃかいてききんこう
social equilibrium

社会システムが一定の定常状態にあること。システムとは,一般的にはそれを構成する諸要因の相互連関的な集合体をさすが,それら要因の定性的,定量的内容,つまり変数の値の間の対応関係についての法則を確定させることによって,相互連関する諸要因の均衡が分析,解明される。この場合,システムの外部要因その他を所与のものとしたとき,システムの各要因の定性的,定量的内容がその相互連関の構造,パターンに制約されて,一定の定常値に収束する場合がある。この定常状態のことをさしてシステムの均衡あるいは均衡状態という。システムの均衡 (状態) は,そのシステムの維持,存続のために必要な機能的要件の充足あるいは不充足とは論理的,内在的な関連をもたない。システムには,均衡- (機能的要件の) 充足,逆に不均衡-不充足というケースとともに,不均衡-充足,均衡-不充足という場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会的均衡
しゃかいてききんこう
social equilibrium

広義には、社会的要因が相互につり合っている社会的状態をさすが、狭義には、構造パラメーター(媒介変数)を一定とする場合、相互依存している社会的要因のどれかのどのような変化も、他の要因にとって逸脱となるような変化を惹起(じゃっき)する社会的状態を意味する。たとえば、社会が伝統的価値体系(ここでは構造パラメーター)を維持している場合、家父長制家族は家産を家のなかに閉じ込めるので、社会的に投下資本は低位にある。そして現世逃避型の宗教は伝統主義を強化して技術革新に冷淡であるとき、家族と経済と宗教と技術は社会的に均衡しているといえる。
 この概念は、機能主義の社会システム理論で多用されている。その考え方では、生体のアナロジーanalogyが強いので、社会システムもまた、可変的な環境下で自己制御によって均衡を維持しようとするものとみられる。そして、システムをつくっている諸部分が均衡することによって、各部分が分担している要件が充足される。一定量の人口の保持、資源調達、公共目標の達成、内部連帯の維持といった諸要件は、システムの諸部分が均衡することによって、うまく充足されるので、均衡はシステムの存続にとって必要である。しかしシステムの各部分は先行したり遅滞するので、不均衡がつねに生じやすい。その場合、構造パラメーターを革新して再均衡化を図りつつ存続してゆくと考えられる。[塩原 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

社会的均衡の関連キーワード均衡理論(社会学)社会的総資本人間関係論オーリウ災害

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android