神山茂夫(読み)かみやましげお

百科事典マイペディアの解説

神山茂夫【かみやましげお】

評論家。元日本共産党中央委員。山口県下関市に生まれ,台湾で育つ。1924年東京成城中学卒。1929年日本共産党に入党。翌年党の指導下にあった日本労働組合全国協議会(全協)の極左的方針に反対して全協刷新同盟を組織,分派活動との批判を受けた。1935年検挙されるが偽装転向して翌年出獄,1945年党中央委員となる。1949年党公認で衆議院議員に当選(翌年マッカーサーにより公職追放)。1954年分派活動で党除名,1958年に復党したものの,部分的核実験禁止条約に賛成して志賀義雄らとともに除名。その後,志賀らと〈日本のこえ同志会〉を結成するが,1967年に脱退し,評論活動に専念。1947年から翌年にかけて,レーニンの用いた〈軍事的封建的帝国主義〉の概念理解と,近代天皇制国家の性格規定をめぐり,志賀と論争した。80冊余の著作を残し,《神山茂夫著作集》全4巻がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神山茂夫 かみやま-しげお

1905-1974 昭和時代の社会運動家。
明治38年2月1日生まれ。昭和4年共産党に入党。翌年全協刷新同盟を組織。10年検挙,16年再検挙され,戦後に釈放。20年党中央委員をつとめたが,39年除名され,「日本のこえ」を結成。戦前の天皇制国家の性格をめぐる「志賀・神山論争」で知られる。昭和49年7月8日死去。69歳。山口県出身。成城中学卒。著作に「天皇制に関する理論的諸問題」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみやましげお【神山茂夫】

1905‐74(明治38‐昭和49)
昭和期の社会運動家。下関市に生まれ,苦学して成城中学を卒業。アナルコ・サンディカリストから出発して1929年(昭和4)日本共産党に入党,全協・関東自由労働者組合を率いる。30年には全協刷新同盟を結成して極左的偏向に反対するが,〈32年テーゼ〉を墨守し,反ファシズム統一戦線の認識を欠いた。39‐40年に執筆,戦後47年に刊行の著作〈《天皇制に関する理論的諸問題》〉も,そのような弱点をはらむ。1935年に次いで41年に再検挙,敗戦後に釈放。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神山茂夫
かみやましげお
(1905―1974)

社会運動家。山口県下関(しものせき)市生まれ。苦学をしつつ革命運動を志す。1929年(昭和4)日本共産党入党。30年全協刷新同盟を結成。35年検挙。翌年偽装転向で出獄し、運動を再開。41年再検挙され、敗戦後、占領軍による政治犯釈放で出獄。共産党中央委員などを務め、49年(昭和24)衆議院議員初当選。翌年マッカーサーにより公職追放。その後、党の方針と対立し、除名と入党を繰り返したが、64年部分核停条約を支持して除名された。戦前天皇制国家の性格をめぐる志賀義雄(よしお)との論争は有名である。著書に『天皇制に関する理論的諸問題』などがある。[小田部雄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android