コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神山茂夫 かみやましげお

4件 の用語解説(神山茂夫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神山茂夫【かみやましげお】

評論家。元日本共産党中央委員。山口県下関市に生まれ,台湾で育つ。1924年東京成城中学卒。1929年日本共産党に入党。翌年党の指導下にあった日本労働組合全国協議会(全協)の極左的方針に反対して全協刷新同盟を組織,分派活動との批判を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神山茂夫 かみやま-しげお

1905-1974 昭和時代の社会運動家。
明治38年2月1日生まれ。昭和4年共産党に入党。翌年全協刷新同盟を組織。10年検挙,16年再検挙され,戦後に釈放。20年党中央委員をつとめたが,39年除名され,「日本のこえ」を結成。戦前の天皇制国家の性格をめぐる「志賀・神山論争」で知られる。昭和49年7月8日死去。69歳。山口県出身。成城中学卒。著作に「天皇制に関する理論的諸問題」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かみやましげお【神山茂夫】

1905‐74(明治38‐昭和49)
昭和期の社会運動家。下関市に生まれ,苦学して成城中学を卒業。アナルコ・サンディカリストから出発して1929年(昭和4)日本共産党に入党,全協・関東自由労働者組合を率いる。30年には全協刷新同盟を結成して極左的偏向に反対するが,〈32年テーゼ〉を墨守し,反ファシズム統一戦線の認識を欠いた。39‐40年に執筆,戦後47年に刊行の著作〈《天皇制に関する理論的諸問題》〉も,そのような弱点をはらむ。1935年に次いで41年に再検挙,敗戦後に釈放。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神山茂夫
かみやましげお
(1905―1974)

社会運動家。山口県下関(しものせき)市生まれ。苦学をしつつ革命運動を志す。1929年(昭和4)日本共産党入党。30年全協刷新同盟を結成。35年検挙。翌年偽装転向で出獄し、運動を再開。41年再検挙され、敗戦後、占領軍による政治犯釈放で出獄。共産党中央委員などを務め、49年(昭和24)衆議院議員初当選。翌年マッカーサーにより公職追放。その後、党の方針と対立し、除名と入党を繰り返したが、64年部分核停条約を支持して除名された。戦前天皇制国家の性格をめぐる志賀義雄(よしお)との論争は有名である。著書に『天皇制に関する理論的諸問題』などがある。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神山茂夫の関連キーワード本郷新勝木保次麻生清石渡満子岡村博春日井梅鶯(初代)金子道雄津脇喜代男西村直己牧野巽

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone