神心(読み)シンシン

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐ごころ【神心】

〘名〙
① 神の心。神のおぼしめし。神慮。
※謡曲・歌占(1432頃)「神心、種(たね)とこそなれ歌占(うたうら)の、引くも白木の手束弓(たつかゆみ)
② 神との融合一体の境地。
※病間録(1901‐05)〈綱島梁川〉宗教上の光耀「これぞ所謂天地的意識(コズミカル、コンシャスネス)なる、神心(カミゴコロ)なる」

かみ‐しん【神心】

〘名〙 精神。真心
洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)仲町梅音の段「先きのうつわにしたがって、神(カミ)しんを第一に」

しん‐しん【神心】

〘名〙
※左経記‐長和五年(1016)四月三〇日「摂政殿被仰云、日来之間神心不例、就中湌水、是古人所重慎也」
② 神の心。
※本朝麗藻(1010か)下・海浜神祠〈藤原為時〉「応是神心嫌苦熱、浪声松響夏中寒」 〔応貞‐晉武帝華林園集詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神心の関連情報