コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸事件 こうべじけん

4件 の用語解説(神戸事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神戸事件
こうべじけん

慶応4 (1868) 年1月 11日,明治維新の冒頭に,神戸三宮で,備前藩兵の隊列をフランス水兵が横切ったことに端を発した紛争で,外国軍隊が一時神戸中心部を占領するまで発展したが,備前藩士滝善三郎の切腹で解決した事件。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうべ‐じけん〔かうべ‐〕【神戸事件】

慶応4年(1868)1月、神戸居留地で岡山藩兵と外国兵とが衝突・発砲した事件。外国軍の神戸占領に対し、明治政府は発砲藩士を自刃させて解決した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうべじけん【神戸事件】

1868年(慶応4)1月11日岡山藩兵が神戸行軍中、英仏米の兵士と紛争を起こし発砲、負傷者を出した事件。新政府は発砲責任者を切腹させて事件を解決。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神戸事件
こうべじけん

明治維新期における外国兵との衝突事件。1867年(慶応3)12月20日、岡山藩に摂津国西宮(にしのみや)(兵庫県西宮市)警備の命が出され、家老以下2000の兵が西宮に赴く途中、翌68年1月11日、英・仏兵と紛争を起こし相互に発砲した。しかも駆けつけたイギリス公使パークスにまで発砲したので、岡山藩兵は大事になることを考えて西宮に退き、ただちに新政府に報告。他方イギリス側も、米・仏陸戦隊の応援を得て、神戸の東西両口を抑え、港内停泊中の諸藩艦船を抑留した。対外関係の悪化を恐れた政府は、各国公使にいろいろと陳謝し、かつ家老の家来滝善三郎に責任をとらせて自刃させたので、ようやく事なきを得た。[池田敬正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸事件の関連キーワード議定参与総裁ドゥーマポートマン京都府開庁記念日灯台記念日東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決池田喜通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone