コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神祇省 ジンギショウ

3件 の用語解説(神祇省の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんぎ‐しょう〔‐シヤウ〕【神×祇省】

明治維新政府の官庁。神祇官の後身として太政官(だじょうかん)の下に属し、祭祀(さいし)・宣教などをつかさどった。明治5年(1872)廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じんぎしょう【神祇省】

1871年(明治4)神祇官を改称し、太政官の下に設置された官庁。神祇・祭祀さいしのことをつかさどった。翌年、廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神祇省
じんぎしょう

明治初年の祭祀(さいし)・宣教機関。明治政府は祭政一致の理念のもとに神祇官を再興したが、1871年(明治4)8月8日これを格下げして太政官(だじょうかん)の下に神祇省を置いた。卿(きょう)は置かれず、大輔(たいふ)は福羽美静(ふくばびせい)。職掌は神祇官時代と変わらず祭祀・宣教のことをつかさどるとされたが、この省の設置は、神祇官の下で展開された神道(しんとう)国教化政策が内外の要因により行き詰まりをみせていることの現れであった。神祇省の下では新たな政策はほとんど行われず、72年3月わずか数か月で廃止され、維新以来の直接的な神道国教化政策はその終止符を打った。なお、祭祀関係は太政官の式部寮に、宣教関係は新設の教部省に移された。[中島三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神祇省の言及

【神祇官】より

…神祇官の管轄事項には新たに宣教にあたる宣教使のことがつけ加えられ,長官,次官,正・権判官,主典,史生を置き,判官以上を神祇官職員の兼務とし,各藩に宣教係が置かれ,神道国教化政策が展開された(初代長官は中山忠能神祇伯,次官は福羽美静神祇少副)。しかし明治政府の富国強兵(〈近代化〉)政策の展開の中で,71年には神祇省に格下げされ,さらに翌年にはこれも廃止されて祭典関係の事項は式部寮に,宣教関係の事項は新設の教部省に移され,宣教使はしだいに教導職に吸収された。なお,のち1940‐46年の戦時体制下に,神祇に関する独立の中央官庁として神祇院が一時設置された。…

※「神祇省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神祇省の関連キーワード神祇官宣教使太監神部藩閥政府神司神仏分離大輔青山景通六人部是愛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone