コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡城 ふくおかじょう

3件 の用語解説(福岡城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ふくおかじょう【福岡城】

福岡県福岡市中央区城内にあった福岡藩黒田氏の居城。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。17世紀初頭に黒田氏により近世城郭として築城された。関ヶ原の戦いで功績をあげ、豊前(ぶぜん)中津藩12万石から筑前52万石へ加増された黒田如水(じょすい)親子は、当初小早川氏から名島城を受け取り入城したが、城地が海辺に片寄りすぎているため、城下町の繁栄も考えて、博多湾を望む福崎(現、福岡市)の台地に縄張りを決め、6年の歳月をかけて完成させた。城は、総面積24万m2にも及ぶ大城郭で、本丸の丘陵を中心として東・北・西に二の丸を構え、南に三の丸を配し、4.7kmに及ぶ堀をめぐらし、高さ5mから15mほどもの石垣を築いた。本丸の最高所には天守台が築かれ、現在も石垣が残る。地下鉄空港線大濠公園駅から徒歩約5分。JR鹿児島本線博多駅から西鉄バスで大手門、または平和台下車すぐ。◇舞鶴城、石城ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡城

1601年に初代藩主黒田長政が築城に着手し、1607年ごろに完成。城内は天守台、本丸、二の丸、三の丸に分かれ、47のやぐらがつくられたといわれる。1957年に国史跡に指定され、大半が舞鶴公園となっている。黒田家別邸敷地から移築したやぐらを「潮見櫓(やぐら)」とした時期もあったが、崇福寺にあったやぐらが本物の潮見櫓と判明してからは「伝(でん)潮見櫓」と呼ばれている。

(2009-12-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡城
ふくおかじょう

江戸期の城。福岡市中央区城内にあり、別名を舞鶴(まいづる)城といった。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで東軍に属した黒田長政(ながまさ)は、その軍功によって筑前(ちくぜん)52万石に封ぜられ、とりあえず小早川隆景(こばやかわたかかげ)が築城した名島(なじま)城に入ったが、翌01年春から長政の父黒田孝高(よしたか)(如水(じょすい))の縄張りで那珂(なか)郡警固(けいご)村福崎(ふくざき)の地に新たな築城工事を起こした。そこは北九州の文化、経済の中心であった博多(はかた)の西隣であり、博多を城下町として包み込む構想であった。城が完成したのは07年で、黒田氏の出身地備前(びぜん)国邑久(おく)郡福岡の名をとって福岡と名づけられた。以来城主は黒田氏が世襲し、明治維新を迎えている。城は入り江に接した平城(ひらじろ)で、中央の小丘に本丸を置き、その北に二の丸、西に三の丸、東に東の丸(東二の丸)、南に南の丸(南二の丸)を配していた。本丸に天守台はあるが天守閣は築かれなかった。これは、城があまり壮大なため、如水・長政父子が幕府に遠慮して築かなかったためといわれている。現在月見櫓(やぐら)、花見櫓が市内崇福寺(すうふくじ)に、また、潮見櫓が大手門の近くに移築されている。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡城の関連キーワード福岡市動物園イムズショッパーズ福岡ソラリアプラザ天神コア福岡市民会館福岡ドーム福岡パルコミーナ天神VIORO

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡城の関連情報